Entries

星 鴉




0911-niwa1.jpg

星鴉 ホシガラス Nucifraga caryocatactes
カラス科ホシガラス属 L32-37cm

二羽のホシガラスが見られました。
雄雌同色なのでつがいかどかはわかりません。
ハート状の白い斑点が縞をなしているため、星空のようにみえます。
和名の「ホシ」ガラスはこれに由来します。
スカンジナビアから北部ヨーロッパを経てシベリアから、
東アジアに至る地域に分布し、北方の広大な冷帯針葉樹林を生息場所とします。
日本では高山帯から亜高山帯に生息し、冬季はやや低地に降りてきます。


0911-niwa2.jpg

0911-niwa3.jpg

0911-niwa4.jpg


0911-niwa5.jpg

0911-niwa6.jpg

0911-niwa7.jpg

0911-niwa9.jpg


0911-niwa10.jpg

0911-niwa11.jpg




瑠璃鶲(雛)




0825-ruri1.jpg

瑠璃鶲(雛) ルリビタキ Tarsiger cyanurus
ヒタキ科Tarsiger属 L14cm

日本では通常冬鳥ですが一部が高山や、
北海道で夏に繁殖します。
今回の雛は高山で出会いました。


0825-ruri2.jpg

0825-ruri3.jpg

0825-ruri5.jpg

0825-ruri4.jpg

0825-ruri6.jpg



岩雲雀(成鳥)




0824-hibari1.jpg

岩雲雀 イワヒバリ Prunella collaris
イワヒバリ科イワヒバリ属 L18cm

高山帯、森林限界より標高の高い岩場に生息します。
冬は高山を降り低山で越冬します。
現在子育て中のようで忙しそうに飛び回ってました。

0824-hibari2.jpg

0824-hibari3.jpg

0824-hibari4.jpg

0824-hibari5.jpg

0824-hibari6.jpg

0824-hibari7.jpg

0824-hibari8.jpg

0822-iwa1.jpg

苔桃 コケモモ Vaccinium vitis-idaea
ツツジ科スノキ属

北海道~本州の亜高山帯(1500m~2400m)に自生します。
初夏に長さ約6mmの釣鐘型の白い花をつけ、
果実は直径7mmほどで赤く熟してました。
0824-hibari10.jpg



蕎麦野鶲




0914-soba11.jpg

蕎麦野鶲 ノビタキ Saxicola torquata
ツグミ科ノビタキ属 L13cm

高原も寒くなってきたのでノビタキが、
里の蕎麦畑に降りてきました。
此処で栄養を補給し暖かい国へ南下してゆきます。


0914-soba12.jpg


0914-soba13.jpg

0914-soba14.jpg


0914-soba15.jpg

0914-soba16.jpg


0914-soba17.jpg

0914-soba18.jpg

0914-soba19.jpg

0914-soba20.jpg



岩雲雀(雛)




0823-hina1.jpg

岩雲雀(雛) イワヒバリ Prunella collaris
イワヒバリ科イワヒバリ属

尾羽がまだ短く嘴が肉色の雛。
親が餌を運んで来るのを待ってるようでした。
高山植物は終わってましたが、
かろうじてコマクサが咲き残ってました。


0823-hina2.jpg

0823-hina3.jpg

0823-hina4.jpg

0823-hina5.jpg

0823-hina6.jpg

0823-hina7.jpg

0823-hina8.jpg

0823-hina9.jpg

0823-hina10.jpg



目細虫喰




0810-meboso1.jpg

目細虫喰 メボソムシクイ Phylloscopus xanthodryas
ムシクイ科ムシクイ属 L12-13cm

夏に日本の山岳で繁殖し、冬は東南アジアで越冬します。
北八ヶ岳の美しい森の中でたくさん鳴いてました。


0810-meboso2.jpg

0810-meboso3.jpg

0810-meboso4.jpg

0810-meboso5.jpg

0810-meboso6.jpg

0810-meboso7.jpg

0810-meboso8.jpg

0810-meboso9.jpg






0811-uso1.jpg

鷽 ウソ Pyrrhula pyrrhula
アトリ科ウソ属 15-16 cm

麦草峠から八ヶ岳連峰天狗岳 (2,646m)に登って来ました。
途中登山道ですれ違った方からオレンジ鳥は何?と聞かれました。
オレンジ?コマドリはいないし?
オレンジじゃなくピンクのウソだったんですね。
ウソは冬鳥ですが、渡らずに高山で越夏する個体もいます。
山は、もうウメバチソウも咲いてました。


0811-uso2.jpg

0811-uso3.jpg

0811-uso4.jpg

0811-uso5.jpg

0811-uso6.jpg

0811-uso7.jpg



裏銀豹紋




0817-uragin1.jpg

裏銀豹紋 ウラギンヒョウモン Fabriciana adippe
タテハチョウ科ファブリシアナ属 L27-36mm

咲き始ったうす水色のマツムシソウに、
たくさんのウラギンヒョウモンが来てました。
真夏には姿を消す蝶ですが、高原ではもうたくさん見られました。


0817-uragin2.jpg

0817-uragin3.jpg

0817-uragin4.jpg

0817-uragin5.jpg

0817-uragin6.jpg

0817-uragin7.jpg

0817-uragin8.jpg

0817-uragin9.jpg

0817-uragin10.jpg



葦五位(雛)



0805-yosi2.jpg

葦五位(雛) ヨシゴイ Ixobrychus sinensis
サギ科ヨシゴイ属 L31-38cm

日本には夏季に繁殖のため飛来します。
繁殖が成功し雛が見られました。
雛は孵化後約15日で巣立つそうです。
それにしても足がバカデカイ雛でした。



0805-yosi1.jpg

0805-yosi3.jpg

0805-yosi4.jpg

0805-yosi5.jpg

0805-yosi6.jpg

0805-yosi7.jpg


0805-yosi8.jpg

0805-yosi9.jpg

0805-yosi10.jpg



蓮華升麻




0806-renge1.jpg


蓮華升麻 レンゲショウマ Anemonopsis macrophylla
キンポウゲ科レンゲショウマ属

日本特産の1属1種の花。夏に見られる美しい野草です。
ポールセンのランプシェードのような、
ふんわりとしたやさしい雰囲気が素敵な花です。


0806-renge2.jpg

0806-renge3.jpg

0806-renge4.jpg

0806-renge5.jpg

0806-renge6.jpg

0806-renge7.jpg

0806-renge8.jpg

0806-renge9.jpg

0806-renge10.jpg



Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード