Entries

鳴 兎



0609-usagi1.jpg

鳴兎 ナキウサギ Ochotonidae Ochotona
ナキウサギ科ナキウサギ属 L18cm-20cm

ナキウサギの「こっこ」に出会いました。今年生まれた仔のようです。
北海道の方たちは愛情をこめてこっこと呼んでました。
ナキウサギは標高の高い地域に棲息します。
日本では、北海道の山岳、割れ目の多い岩場に棲息しています。


0609-usagi2.jpg

0609-usagi3.jpg

0609-usagi4.jpg

0609-usagi5.jpg

0609-usagi6.jpg

0609-usagi7.jpg




野  駒




0618-nogoma1.jpg

野駒 ノゴマ Luscinia calliope
ツグミ科ノゴマ属 15.5cm

関東では渡りの時期に通過個体が少数見られますが、
北海道は、繁殖地なのでたくさんの個体が見られます。
ハマナスの咲く原生花園でたくさん囀ってました。


0618-nogoma2.jpg

0618-nogoma3.jpg

0618-nogoma4.jpg

0618-nogoma5.jpg

0618-nogoma6.jpg

0618-nogoma7.jpg

0618-nogoma8.jpg

0618-nogoma9.jpg

0618-nogoma10.jpg



銀山猿子




0613-ginzan1.jpg

銀山猿子 ギンザンマシコ Pinicola enucleator
アトリ科ギンザンマシコ属 L20-22cm

何時も同じ画像なので、今回は山に登ってみました。
生憎の天候で、ガスと雲の中。雪渓にウッスラと姿を確認しました。
ギンザンマシコは、この季節繁殖期だからでしょうか?
ペアで行動してることが多いようです。今回も、雄がいたら近くに雌がいました。
雄に比べ地味な色ですが、雌も可愛らしいです。


0613-ginzan2.jpg

0613-ginzan3.jpg

0613-ginzan9.jpg

0613-ginzan10.jpg

0614-ginzanmesu1.jpg

0614-ginzanmesu2.jpg

0614-ginzanmesu4.jpg

0614-ginzanmesu5.jpg

0614-ginzanmesu7.jpg



白腹五十雀




0615-sirohara1.jpg

白腹五十雀 シロハラゴジュウカラ Sitta europaea asiatica
ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属 L13.5cm

亜種シロハラゴジュウカラに出会いました。
セミのようなものを獲り、食べきれないのか、
一生懸命隠してました。貯食の習性があります。


0615-sirohara2.jpg

0615-sirohara3.jpg

0615-sirohara4.jpg

0615-sirohara5.jpg

0615-sirohara6.jpg

0615-sirohara7.jpg

0615-sirohara8.jpg

0615-sirohara9.jpg

0615-sirohara10.jpg


尾白鷲




0610-ojiro1.jpg

尾白鷲 オジロワシ Haliaeetus albicilla
タカ科オジロワシ属 L70cm-98cm

オジロワシがオホーツク海を見ていました。
日本では冬鳥で北海道で約1700羽が越冬します。
東部、北部では周年生息する個体もいます。


0610-ojiro2.jpg

0610-ojiro3.jpg

0610-ojiro4.jpg

0610-ojiro5.jpg

0610-ojiro6.jpg

0610-ojiro7.jpg

0610-ojiro8.jpg

0610-ojiro9.jpg

0610-ojiro10.jpg



熊啄木鳥




0611-kumagera1.jpg

熊啄木鳥 クマゲラ Dryocopus martius
キツツキ科クマゲラ属 L45-47cm

クマゲラの巣立雛に出会いました。
おかあさんに其処にいなさいと云われたのか、
二羽でずっと同じ場所に止まってました。
日本に生息するキツツキの仲間で最大種です。
1965年に国の天然記念物に指定されています。


0611-kumagera2.jpg

0611-kumagera3.jpg

0611-kumagera4.jpg

0611-kumagera6.jpg

0611-kumagera7.jpg

0612-kuma1.jpg

0612-kuma4.jpg

0612-kuma5.jpg

0612-kuma6.jpg


大葦切




0528-ooyosikiri1.jpg

大葦切 オオヨシキリ Acrocephalus arundinaceus
ヨシキリ科ヨシキリ属 L18.5cm

今年もオオヨシキリが東南アジアから渡ってきて、
ヨシ原で大きな声で鳴いてます。
数はたくさんいるのですが、
なかなか見える所に出てくれません。


0528-ooyosikiri2.jpg

0528-ooyosikiri3.jpg

0528-ooyosikiri4.jpg

0528-ooyosikiri5.jpg

0528-ooyosikiri6.jpg

0528-ooyosikiri7.jpg

0528-ooyosikiri8.jpg

0528-ooyosikiri9.jpg

0528-ooyosikiri10.jpg



駒鳥




0526-koma1.jpg

駒鳥 コマドリ Erithacus akahige
ツグミ科コマドリ属 L14cm

コマドリに出会いました。
今期は飛来数が多いようで色々な場所で出会います。
元気で囀ってました。


0526-koma2.jpg

0526-koma3.jpg

0526-koma4.jpg

0526-koma5.jpg

0526-koma6.jpg

0526-koma7.jpg

0526-koma8.jpg

0526-koma9.jpg



中杓鴫




0518-tyu1.jpg

中杓鴫 チュウシャクシギ Numenius phaeopus
シギ科ダイシャクシギ属 L42cm

ヨーロッパ北部と北アメリカ北部で繁殖し、
アフリカ、オーストラリア、南アメリカの沿岸に渡り越冬します。
日本へは、旅鳥として春の渡りに多数渡来します。
数羽から数十羽で干潟、水田、川岸等に4、5月に生息します。


0518-tyu2.jpg

0518-tyu3.jpg

0518-tyu4.jpg

0518-tyu5.jpg

0518-tyu6.jpg

0518-tyu7.jpg

0518-tyu8.jpg

0518-tyu9.jpg

0518-tyu10.jpg






0516-hayabusa1.jpg

隼 ハヤブサ Falco peregrinus
ハヤブサ科ハヤブサ属 38-51cm 翼開帳120cm

美しい飛翔姿を見せてくれました。
開発や採掘による生息地の破壊、農薬による汚染などにより
生息数は減少しています。


0516-hayabusa2.jpg

0516-hayabusa3.jpg

0516-hayabusa4.jpg

0516-hayabusa5.jpg

0516-hayabusa6.jpg

0516-hayabusa7.jpg

0533-hayabusa5.jpg




Appendix

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード