Entries

日本猿

100526-saru4.jpg

日本猿 ニホンザル Macaca fuscata
オナガザル科マカク属

山を歩いていると親子の猿を見掛けた。
子猿はしっかり母猿に抱きついてこちらを見ていた。
手前にはボスらしい雄猿が付き添っていた。
ちょっと距離があったので、
あわてて逃げたりせず落ち着いて行動していた。

100526-saru3.jpg

100526-saru5.jpg

100526-saru6.jpg

100526-saru1.jpg

100526-saru2.jpg
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fisheye2.blog65.fc2.com/tb.php/84-4fde8b3a

トラックバック

コメント

[C2026] 襲っては来ないのですか。

赤ちゃんをつれた母親、やさしい感じに見えますが、
雄(3枚目からは雄と思いましたが)は警戒しているような
怖い顔つきですね。
昔大阪の箕面で人に餌を貰って生活しているような一応
野生の猿に手にした袋を凄い力で取られそうになって
恐い思いをしたことがありました。
かなりの距離からの撮影とは思いましたが、襲って来る
と言うことはないのですね。

[C2027]

和さんが鳥撮りに歩いてる場所はお猿さんも自然に出てくる場所なんですね。
公園ならともかく、自然の中で鳥を撮るのって難しいですよね。
公園のなかは意外と人馴れしてるし、鳥も人に近いところにいる気がします。
熊さんはいないのかな・・・
お母さんの顔がほんとに優しい顔に見えますね。
  • 2010-05-22 05:54
  • otome
  • URL
  • 編集

[C2028] こんにちは

猿が出没するような自然環境なんですね。
遠くで見るのは良いですが、突然、目の前に現れると困りますね。
  • 2010-05-22 07:31
  • 多摩NTの住人
  • URL
  • 編集

[C2029]

猿の表情が興味深いです。
人間にも共通するような感情があるのですね。

以前淡路島の猿山に行ったことがありますが
その時に見かけた猿とはちょっと違うような・・・。
やはり野生の猿は自立しているのでしょうかね。

[C2036] Luna さん

手にした袋を取られそうになったんですか。
以前は、日光の華厳の滝辺りには、
猿がタムロしており、観光客が買ったお土産の、
レジ袋に反応しいきなり奪ったようです。
最近は、市で対策をたてたのか見かけませんね。
今回は、一定の距離を保ってるようで、
近付いて来る気配はありませんでした。
小猿が可愛らしかったですよ。

[C2037] otome さん

猿や、鹿も見かけました。
熊に注意の看板がありますね。
釣師はたくさん会いますが皆さん鈴を付けてますね。
私は、鳥が逃げてしまうので鈴はちょっと・・・。
熊には出会いたくないですね。
母猿の顔はやさしそうで人間といっしょですね。

[C2038] 多摩NTの住人 さん

猿はけっこう良く見かけます。
猿の場合は大声を出したり三脚を振り上げたりして、
威嚇すれば逃げるようです。
困るのは熊さんですね。

[C2039] KAEDE さん

今回出合った猿は、あまり人間に興味ないようでした。
何だかみょうに落ち着いて行動してました。
淡路島にはたくさん猿がいるのですよね。
海水でオイモを洗って食べる猿でしたか。
人間が餌をあげたりしなければ自立して暮らしてるようです。

[C2040] こんばんは^^

人になれていない猿なんですね。
山にまだ、自然が残っているってことなんですね^^
子供をしっかりと抱いている母猿の写真が良いですね♪
親子の愛情が表れていますね。
貴重な写真をありがとうございます^^

[C2041] 自然が豊か

和さん お早うございます。
日光の方で撮影したのでしょうか?
鹿やニホンザルにヤマメ自然が豊かに感じます。
以前日光にいろは坂で見ましたがこの頃見かけませんね。
山の中に居るのでしょうか?
  • 2010-05-23 07:19
  • 和子&徹也
  • URL
  • 編集

[C2042] あられ さん

自然の中で暮らしていました。
人間にはあまり興味ないようでしたよ。
お猿さんは子供を背負う紐も無いので、
移動する時も抱いてるんですね。
とても可愛らしく写っていました。

[C2043] 和子&徹也 さん

日光の戦場ヶ原にも行ってます。
以前はいろは坂や、華厳に滝の駐車場。
霧降の辺りにもいましたね。
最近は日光市が強力に駆除してるようです。
お猿さんは山に帰ったようです。
小さな群れですがのんびり暮らしているようでした。

[C2044] 親子

親子の愛情がひしひしと伝わってきます。
それと子を思う親の強さというのでしょうか。
最近、ニュースで幼い子を虐待するなど見かけますがこの写真を見せたいです

[C2045] しーたけ さん

本当ですね。人間の母性愛はとても強いものですが、
最近、動物以下の人間も多々いますね。
家も何も無い環境でもりっぱに子育てしてることを、
見習ってほしいと思います。

[C2047] 和さん、サルの遭遇されましたか!?

大きな望遠をお使いのようですので、距離はかなりあったのでしょうね?
でもボスざるは気付いて、和さんの方を注視しているようですね。
私も栗山で渓流釣りをしていた時、50匹(頭?)くらいのニホンザルのグループが沢で休んでいる所に出くわしました。
仕方なくそのまま突っ切って釣りあがりましたが、通り道をあけてくれ、まぁまぁ友好的でした。
野生のサルは以前、いろは坂周辺でお菓子をもらったり奪ったりしていたサルよりずっと小さいですね。 ま、それが本来の姿なのでしょうけど・・・
母猿の表情が穏やかで優しそうで・・・こんな姿を見ると、ずっと幸せに暮らしてほしいなぁと思いますね!!

[C2050] 宮星 さん

栗山で50匹もの猿の群れに遭遇しましたか。
ちょっと数が多かったですね。
道を開けてくれたんですか。
通行料も取られず良かったですね。
日光にいた猿は栄養の状態が良かったので、
大きくなったのでしょうか。栗山の猿は小さかったですか。
そういえば昨年、庚申山で出会った猿の群れは小さかったようです。
母猿は落ち葉をかき分け何か拾って食べてましたよ。

[C2054] 猟師の方が

猿を撃とうとすると 両手を合わせて拝む仕草をするので引き金を引けないといいますが・・・本当ですね
一定の距離を保って共存できるといいのですが・・・

小学生のときに隣の家でニホンザルを飼っていたのです・・同じ年の女の子の腕に噛み付いたり 札付きザルで私は急に頭に飛び掛られて額に噛み付かれました
怖かったですよ~~前は見えなくて
軽井沢に行く途中和見峠に数頭見かけたことがありました
餌付けをせずに以前のようにしていたら 増えすぎることもサルの被害も少なくなるんですがねぇ

動物でも自分の子供は大事にするのに。。。児童虐待の事件は全く減りませんね

[C2055] なおこん さん

両手で拝まれなくても猿は人間の兄弟のようなものですから、
猟師も撃てないでしょうね。
猿を狩って食べた話は聞きません。
お隣で猿を飼ってたんですか。
額を噛まれたんですか。それは災難でしたね。
猿は噛んだり引掻いたりするので危険ですね。
和見峠にもいましたか。面白がって餌をあげない方がいいと思います。
美味しい物をおぼえるとまたほしくなりますからね。
動物はほんとうに子供を大切にしますね。

[C2056] うわぁ~~~

可愛い、おサルちゃん。
1枚目の母猿の懐にしっかり抱きついてこっち見てる小猿の表情がいいわ。
  • 2010-05-23 20:54
  • mamaさん
  • URL
  • 編集

[C2058] mama さん

小猿可愛かったです。
この動物は何だろうといった表情で私たちを見てました。
はじめて人間を見たのかも知れません。
母親は人間にあまり興味無かったようです。

[C2064] 素敵なファミリーです。

日本猿のファミリーに出逢ったんですね~!
母の胸にしがみついた子猿の瞳が好いなぁ~♪
母子を見守る父ザルの貫禄も良いですね~!
それぞれ仲良く一家の雰囲気は素敵ですね。

和さん~出会いが嬉しかったでしょうね。(*´ー`)ニコッ

[C2066] かえで☆ さん

小猿は何だろうという表情で見てました。
お母さんが、見るんじゃないよと云ってるようです。
お父さんは、余裕たっぷりで、
落ち着いて行動してました。
何だかとってもいい雰囲気でしたね。
野生動物は、猿であれ、鹿であれとってもいいですね。
元気に暮らしてほしいです。

[C2086] こんばんは

山のサルは、里のサルと違って
自分の縄張りなので、余裕があるのでしょうか。
でも、出会ったらやっぱり人間のほうがビビリますね。
どんな動物でも、子供はかわいい・・・
  • 2010-05-26 19:43
  • xiao
  • URL
  • 編集

[C2088] xiao さん

あまり猿に襲われた話は聞かないので、
大丈夫なようですよ。
猿の場合は必ず自分を人間より高い位置に置くようにしてます。
高い位置に居る時は、ある程度近付いても、
ゆっくり行動してますね。
お猿さんの子供はとても可愛らしかったです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード