Entries

三光鳥

030520-sanko1.jpg

三光鳥 サンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata
スズメ目カササギヒタキ科 L♂45cm ♀18cm

今年も5月後半になり森に「ツキヒーホシホイホイホイ」の鳴き声が、
たくさん聞かれる季節になった。
オスは、体長の3倍ぐらいの長い尾羽をもつ。
羽色は、顔面部が黒紫色、腹部は濁白色、背面はやや赤みのある黒紫色、
その他の部分は暗黒紫色で、アイリングと嘴は明るい水色。
とても幻想的な鳥だ。


030520-sanko2.jpg

030520-sanko3.jpg

雌は飾羽の尾羽が無い。雄も時には抜けてしまうこともあるようだ。
030520-sanko4.jpg

030520-sanko5.jpg

030520-sanko6.jpg

コメント

[C9099]

今年もサンコウチョウに出会われたのですね~

冠羽と長い尾羽が 素敵です。
アイリング 独特ですね~

羽を広げると優雅ですね~
  • 2013-05-20 17:13
  • fairy ring
  • URL
  • 編集

[C9100] fairy ring さん

今年は到着がいくぶん早めの気もします。
数は多いような気がしました。
アイリングと嘴がいいですね。
初見の時はほんとにこんな鳥が日本にいるのかと思いましたが、
毎年来てくれるのでうれしいですね。
ほんとヒラヒラ飛ぶ姿は優雅です。

[C9101]

今晩は
サンコウチョウ良いですね  早い時期のゲットで
後は余裕の撮影ですね  素晴らしいです。

[C9102] こんばんは

このような鳥がいるのですね~
この世のものとは思えません
和さんは この鳥を5度も撮影しているのですか
凄いです
前回のオオルリも 素晴らしいです
毛の一本一本が くっきりと撮れていますね
札幌は留鳥が少なく 旅鳥が羽を休める所として定着しているようです
ついこの前までは あんなにいたオオルリが めっきり少なくなりました
ムギマキも ほとんど見られなくなりました
今多く見られるのは キビタキ ムシクイ コサメビタキです
  • 2013-05-20 20:16
  • 北斗
  • URL
  • 編集

[C9103]

さすがにすごい場面のゲットですね!
お揃いで登場ということは・・・もうペアになってるんでしょうかね。
賑やかになってくるのも間もなくでしょうか。
そのまえに又、様子を見に行ってきます。
  • 2013-05-20 20:44
  • otome
  • URL
  • 編集

[C9105]

難敵さんちゃん、見事に攻略してますね。
僕は一日いてもチャンスは数回。なかなかいい写真が撮れません。

[C9106] こんな鳥が日本にも来るんですね~!?

鳥図鑑でしか見たことがないような姿形の鳥ですね!
飛ぶときには長~い尾羽が邪魔になりそうですが・・・
<毎年来てくれる>という事は・・・よくこんな重たそうな
尾羽を抱えて長い距離を渡って来れますねー!!
最後の飛翔の姿も優雅ですねー!!

[C9107] ☆こんばんは

動物園の折の中にいそうな鳥で
とても自然の中に居て、渡ってくるとは思えない鳥ですね
全体に黒が主体で、目のまわりの水色が際立ってますね
そして、ちょっと邪魔になりそうな長い尾、飛んでる姿も見事でしょうね。
  • 2013-05-20 23:01
  • hirorin
  • URL
  • 編集

[C9109] おはようございます

サンコウチョウの美しいアイリングが今年もまた見れる季節になりましたね。ラストは素晴らしいですね^ ^ところで尾羽が抜けたオスでもペアリングできるのかな?
  • 2013-05-21 07:55
  • Furo
  • URL
  • 編集

[C9110] NANADSK さん

サンコウチョウはこれから営巣。子つくりに入ります。
毎年、道路近くに営巣するのですが、
上手に人間を利用してるのかもしれません。
人の視線に晒されない場所はいくらでもあるのですが、
蛇などの外敵を避けるためあえて近くに営巣するような気もします。

[C9111] 北斗 さん

サンコウチョウは、日本より、
東南アジアのジャングルがお似合いの鳥ですね。
それでも毎年、日本へ子つくりに、来てくれる嬉しい鳥です。
北海道までは渡らないんですね。
そちらでは、オオルリやムギマキも少なくなりましたか。
やはり立ち寄りなんですね。
立ち寄りでは出会い撮影するのは難しいですね。
こちらでも現在はキビタキ、ムシクイ、コサメビタキになりました。

[C9112] otome さん

雌も連れ立ってというか近い場所にいました。
カップル成立もまもなくと思われます。
昨年はちょうど巣造りの出会いましたが、
今年はどうでしょうね。

[C9113] ishida さん

サンチャンは、朝夕が活発に行動するようです。
暗い場所が好きで、そのうえ朝夕ですから、
ラストは逆光で真っ黒でした。

[C9114] 宮星 さん

尾羽は通常どうなってるかわからないのですが、
繁殖期の飾羽のような気もします。
通常の尾羽はさほど長くないのですが、
中央の二枚のみ長く伸びてます。

[C9115] hirorin さん

薄暗い渓流の林の中を、
ヒラヒラ飛んでる姿はとても優雅です。
鳴き声を聞き姿を見てるだけでもいいですね。
こんな鳥が毎年来てくれる環境を大事にしたいです。

[C9116] Furo さん

今年もまた渡ってくれました。
とても嬉しいことです。
以前原因はわかりませんが尾羽の抜けた雄も、
ペアリングしてましたが、カメラマンには不評でした。

[C9117] おはようございます。

サンコウチョウ
和さんのブログで昨年見せていただき日本にも
このような鳥が居るの?と驚いたことを
覚えています。
又、今年も出逢えたんですね。
凄い尾が長いので邪魔なような・・・・
メスは尾が長くないんですね。
テレビで鳥が放映されると名前は知らないのですが
「見たことある」と・・・
ありがたいことに和さんのブログでほとんど
見させていただき何時も感謝しています。
是からも、沢山の鳥を教えて下さいね。

[C9118] こんにちは

この鳥を見るたびに、外国で撮してきたのかと思ってしまいます。
日本で見れるなんて最高ですね、長い尾が何とも好いですねー。
メスも見れて最高です、姿だけなら分かりづらいけれど目が特徴なので分かりますね。
下から2枚目は飛ぶ寸前の尾羽の使い方でしょうか、飛翔写真は貴重な1枚ですね。

[C9119] バンビ さん

この所サンコウチョウは毎年飛来してるようです。
同じ場所で営巣してくれるので、
カメラマンにはとても嬉しいことです。
ことしも可愛らしい雛を誕生させてほしいと思います。
カメラマンが子育ての邪魔にならないようにしないといけないですね。
雄鳥の長い尾は、雌に対してアピールのような気がします。
ヒラヒラさせて飛んでる姿はとても優雅です。

[C9120] えったん さん

サンコウチョウは、やはり日本のそれもこのポイントは杉林。
こんな林より東南アジアの熱帯雨林の方が似合う気がします。
子育てのために毎年訪れてくれますが、とても嬉しいことです。
今年も無事子育てしてほしいと思っています。

[C9141] もうこの季節ですね

ホイホイの季節。。。本当に一年が速いです
しかし。。。巣が落ちたり巣立ちするまでがまた大変そうなサンコウチョウ
巣に入るときのこの長い尻尾。。邪魔でしょうに

巣立ちの時に幸運にも立ち会えた時 雛ではなく下を探しているおじいちゃんがいました
後で聞いたらあの長い尻尾を探していたのだそうです。。。。そういえば尻尾が一本抜けていましたから。。。
邪魔だろうがこの長い尻尾がステータスなんでしょうねぇ
飛んでいる姿。。一度でいいので撮ってみたいです

素敵ですね~~~

[C9142] なおこん さん

巣造りが済んで玉子を産むと抱卵に入りますが、
確か雄は抱卵の時長い尾羽を出してました。
あの長い尾羽が抜けました。
下に落ちていたら私もほしいですね。
現在、今年のサンコウチョウが各地で観察されてるようですよ。
ぜひ、撮影に行って飛んでる姿撮ってきてください。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード