Entries

青葉木菟

110606-konoha1.jpg

青葉木菟 アオバズク Ninox scutulata
フクロウ科アオバズク属 L29cm

アオバズクが見られるというので出掛けてみた。
夏鳥で東南アジアから青葉の頃飛来することから、
青葉木菟の名がある。
群れは形成せず単独もしくはペアで生活する。
夜行性で、昼間は樹上で休む。

110606-konoha2.jpg

雀 スズメ Passer montanus
スズメ科スズメ属 L14~15cm

人家の近くに生息する小鳥。
北海道から沖縄まで見られる。ただし、
いくつかの離島には分布していない。
嘴を汚して何か食べるものや、サクランボ?を、
食べてるスズメもいた。
110606-konoha3.jpg

110606-konoha4.jpg

110606-konoha5.jpg
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fisheye2.blog65.fc2.com/tb.php/230-d63b3b2f

トラックバック

コメント

[C5438] おぉっ、アオちゃんですね!

和さん~~ヾ(^O^*)オハヨウサン♪
和さんのアオバズク 拝見です~~!
こちらは柳の木に営巣でしたか。
1枚目 和さんを見ている様ですね。
柳は風で揺れるのではないのかしらね~?
昼の安眠も妨げられるかも知れないですね。
一度遠征先で柳のアオちゃんを撮りました。
スズメタンも 登場ですね。

[C5439] おはようございます。

アオバズク 目がいいですね!
カメラ目線でしっかりとられています。凛々しくって素敵です。

スズメは日常的に目にしますが
撮り方によって違う鳥のように思えます。
  • 2011-06-22 06:41
  • KAEDE
  • URL
  • 編集

[C5441] かえで☆ さん

このアオバズク柳の木にいるんですが、
営巣はしてないのかな。
お相手がいないのかも知れません。
かなり大きな木なので風で揺れるようなことは、
ないと思うんですが、この木がお気に入りのようです。
スズメも足元まで来るので撮ってみました。
この日は、300mm手持ちです。

[C5442] KAEDE さん

何だか下で写真撮ってるなと見てました。
まだ眠いのかすぐに目を閉じてしまいます。
例年に比べて緑の葉が多いように思えます。
前の枝が風にゆれ、よく撮れませんでした。
スズメも近くまで来るんですよ。

[C5443] スズメの目

さすがフクロウ科だけに鋭い目をしていますね。ジッと和さんを
見ているよう。
いつも見慣れているスズメですが、こうして画像で見ると意外と
キツイ目をしているものですね。庭先などでたまにパンくずなどを
蒔くとチョコチョコつついて食べていますが、木に止まるこのスズメは
結構大きな実?を加えているのでしょうか。

[C5444]

この木の祠に営巣してるようですよ。
昨年は花火の日に親子連れを見たそうです。
親子が揃った日に出会うと良いんですが・・・
6月初めに姿を確認したのでいつもの年よりは
早く雛が見られるかと思ってるんですよ。
  • 2011-06-22 13:15
  • otome
  • URL
  • 編集

[C5445] 雀

餌づけに成功した友達んちでは
時間がくると窓ガラスのすぐそばでホバーリングするのよ。
テラスにお米をまいてやると何十羽も食べにくるの。
観察してたらおもしろいよ~。
子供は親の口からしかお米を食べないで、親はどれが自分の子かわかってるの。
ぜったいよその子には食べさせない。
子といっても親と大きさはそう変わらないのにね。

[C5446] ♪いいですね

カメラ目線で・・撮られてるのわかってるのかしら?
ちょっときつい目ですね

スズメもこんなふうに撮ると、違う野鳥のように見えるから不思議ですね
・・なら私もこんなふうに撮ればいいのに!
  (でもむずかしいのよね)

[C5447] Luna さん

もっと眠くない時だったら、
大きな丸い目を開けてくれると、
とっても可愛らしいのですが、
この日は眠かったのでしょうね。
スズメも近くで見るとキツイ目をしています。
何時でも近くにいますが一応野生ですから。

[C5448] otome さん

やはり見えない所に巣があるんですか。
花火の日に親子がいたんですね。
そうですか。何時も1羽だけなので、
営巣してないのかと思いました。
今年は、早目に雛が見れるといいですね。

[C5449] mama さん

ふくろうが何十羽も来るのかと驚いた。
雀ちゃんですね。
そうですお米が好きなんですよ。
人間から見ると皆同じ雀に見えますが、
やはり自分の子はわかるんでしょうね。
声も微妙に違うんでしょうね。
雀を見てるのも楽しいです。

[C5450] hirorin さん

アオバズクは、写真を撮ってるのは、
わからないと思いますが、
木の下に人間が来て何かやってるなと。
危険はなさそうなのでまあ、いいかといったところでしょう。
かなり眠かったようです。

hirorin さんもスズメ撮ってください。
たくさんいるから練習、練習です。

[C5451] こんばんは

アオバの青葉は当て字で実際は暗謳棒ズク・・すまり暗くなると謳いだすズクということらしいです。
でも青葉ズクの方がずっときれいな名前ですね^^
  • 2011-06-22 21:24
  • Furo
  • URL
  • 編集

[C5452] Furo さん

そうですか。青葉の頃に来るので、
アオバズクとばかり思ってました。
なるほど暗くなると謳いだすですね。
それでは早速タイトルを変えましょう。
ありがとうございました。

タイトル変えてみたんですがどうも難しく、
皆さん読めないようなので戻すことにしました。

[C5453] 顔が違いますね

どれも同じアオバズクだと思っていたのに場所が変わると顔も微妙に違うんですよね
そちらのアオちゃん 凛々しいお顔していますね
スズメちゃん案外グルメなんだ
昨日ごみ出しに行く時 道路にスズメの雛がいました
ちゃんとお父さんとお母さんがそばに居るんですね
昼間は寝ているんですがやはり一寸音がすると目を覚ましますよ
ホーホーって鳴く時の顔は・・怖いです~~

[C5454] 視線

和さん様、 こんばんわ^^♪

アオバズクに逢えたのですね(@_@)
昼間は、お休みモードでなかなかお目々を開けてくれませんが
アオバズクの視線が気になります。
Baby誕生が楽しみですね*^^*

最近は、スズメが少なくなったように感じますが。。。
やっぱりスズメちゃんは、可愛いい被写体ですよね♪



[C5455] なおこん さん

顔違いますか。
やはり同じアオバズクでもちょっとは違うんですね。
人間から見るとみな同じに見えてしまいます。
スズメはかなり大きくなっても親が寄り添ってるようです。
餌も与えてますね。
スズメはあまり逃げないので良い被写体です。
他の野鳥もスズメぐらいフレンドリーだといいのですが、
他の鳥たちは警戒心が強くすばやいです。

[C5456] Komimi-chan さん

このアオバズクは毎年同じ柳に来ます。
何時も独りなので、雌が見つからないのかと。
ちゃんとカップルになってるようです。
巣穴が見えないところにあるようで、
今年も雌は抱卵ちゅうかもしれません。

スズメは近くで撮らせてくれるので、
とってもありがたい鳥ですね。

[C5457]

こんにちは。
昨日は、夏日
梅雨が明けたら一気に暑くなるんでしょうね。
今からおもいやられそう~です。
アオバズク
フクロウ科で夜行性ですか?
実際に見たことがありません。
目がフクロウに似ていますね。
大きくて。
雀さん、グルメですね。
美味しいものは、鳥さんのほうが知っていますね。
もうそろそろ食べごろとおもっいていますと
先を越されてしまいます。

[C5458] バンビ さん

何だかきょうもかなり暑くなってます。
昨年の酷暑が思い出されますね。
アオバズクは、フクロウの仲間では一番小さい鳥です。
各地に渡り営巣して子育てをするようで、
こちらでも毎年同じ木に営巣してるようです。

スズメも何だかさくらんぼと思うのですが、
一生懸命に食べてました。
人間は、真っ赤になった大きいのを食べますが、
スズメ達は小さな黒い実も食べてるようです。

[C5472] こんにちは

トップのアオバズク、
すべてを見抜いているような目に
思わずたじろいてしまいそう(笑)
アオバズク、あまり大きくないと聞きましたが
やっぱり迫力がありますね。
スズメも、和さんが撮ると
珍しい鳥に見えてしまいます。
  • 2011-06-26 11:53
  • xiao
  • URL
  • 編集

[C5477] xiao さん

コノハズク、オオコノハズクと、
アオバズクより小さいフクロウもいますが、
フクロウL50cmに比べると鳩ほどですから、
ずいぶん小さいです。
実際見ると小さいと思いますよ。
とっても可愛いです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード