Entries

蔵王の花Ⅱ

100803-hana1-1.jpg

岩菖蒲 イワショウブ Tofieldia glutinosa subsp. japonica
ユリ科チシマゼキショウ属

西限を伯耆大山とし、本州のおもに日本海側に分布し、
亜高山帯の湿原や山稜の雪田の縁などの湿り気のある場所に自生する。
花茎の上に花被片が6枚の白色、ときに淡紅色を帯びた花を総状につける。
手前には花の終わったイワカガミがたくさん見られた。


100803-hana1-2.jpg

背斑黄金 セマダラコガネ Blitopertha orientalis
カブトムシ亜目コガネムシ科 8~13mm

夏によく見られる斑模様をした小さいコガネムシ。
斑紋には変異が多く、全身真っ黒な個体まで出現する。
♂では触角が発達し、先端部が鰓状に広がり特徴的だが、♀の触角は発達せず短い。
オンタデの花に沢山付いていた。
100803-hana1-3.jpg

100803-hana1-4.jpg

赤物 アカモノ Gaultheria ovatifolia ssp. adenothrix
ツツジ科シラタマノキ属 (別名岩黄櫨イワハゼ)

すでに白い小さな花は終わっており、果実が見られた。
アカモノと言うのは赤桃がなまったと言われ、夏になると真っ赤な実を実らせる。
食用にもなり、味はほのかに甘い。食べてみたが美味しかった。
100803-hana1-5.jpg

100803-hana1-6.jpg

米葉栂桜 コメバツガザクラ Arcterica nana
ツツジ科コメバツガザクラ属

北海道、本州中部以北に分布し、高山の砂礫地、岩礫地に生育する。
コケモモに似るが花がつぼ型で頬に赤い筋があるのが特徴。
100803-hana1-7.jpg
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fisheye2.blog65.fc2.com/tb.php/117-1a7e2360

トラックバック

コメント

[C2822]

おはようございます。

大好きなアカモノですがもう花は終わってしまったんですね。
こんな実がなるんですか!

イワショウブがユリ科というのも初めて知りました。

蔵王は行ったこともないのですがこのような高山植物を見るにはかなり歩いて登らなければ行けないのでしょうか?

[C2823]

和さん お早うございます。
イワショウブ川の傍に咲くのでしょうか?
イワカガミと並んで咲く姿を見たいですね。
高山植物は解らないお花が沢山ありますね。
  • 2010-08-10 07:30
  • 和子&徹也
  • URL
  • 編集

[C2825] Furo さん

きょうUPの花はたちは、御釜に流れ込んでる沢があります。
その辺りで見られましたよ。
砂礫だらけの山のようですが、湧き水があるんですね。
水量は多くないのですが水があれば植物があるようです。
登山コースにはなってないのですが、
駐車場から60分ぐらいでしょうか登るのではなく下ります。
もっとも帰りには登ってこなければなりません(笑)
現在は自由に立ち入れますが、ゆくゆく事故でもあれば立入禁止になるでしょうね。
なるべく管理責任を逃れたいのが行政ですから・・・。
イワショウブは、APG植物分類体系ではオモダカ目チシマセキショウ属に分類されてます。

[C2826] 和子&徹也 さん

イワショウブは高層湿原など水のあるところに、
生育するようです。
大釜に流れ込んでる小さな沢の辺りにありました。
会津駒ケ岳の高層湿原にはたくさんありましたよ。
尾瀬などでも見られると思います。
高山植物は、生育する場所によっても違ってくるので、
なかなかわからないものが多いですね。

[C2827]

イワショウブはシベの先端に赤い帽子をかぶってるようですが
もう実が見えますね。
岩肌にへばりつくように咲く小さなお花はなかなかわからないです。
実は鳥たちが楽しみに食べるんでしょうね。


  • 2010-08-10 08:41
  • otome
  • URL
  • 編集

[C2828] otome さん

イワショウブは真っ白いものと、
先端が赤くなるものあるようです。
そろそろ終期なのでしょうか、
果実が見えていました。
雪がとけて直ぐに咲く花は、もう終わって、
果実を付けていましたね。
鳥たちは、この季節たくさん食べるものがあっていいですね。
ツツジ科のガンコウランの黒い実はたくさんありましたが、
まだ、熟しておらず撮りませんでした。

[C2831] 小さな花

背丈は小さくても一つ一つの花は大きな花と変わらない複雑な形で
出来ていますね。種をつけて子孫を増やす作業もしっかりと司って
いるのですね。
アカモノ、よく見ると面白い形をしているのですね。これは何処かで
見た気がします。名前を覚えていませんでしたが、口にするとほの
甘い味とか。今度目にした時は実が出来ていたら味見してみます。

[C2832] こんにちは

イワショウブは初めて見る花です、北海道にはないのかもしれませんね。
中央に見える赤いのが、これから実になるんでしょうか。
同時に見れて嬉しかったです、ほんとは実際に見てみたい花ですよ。

アカモノの実が食用になるとは知りませんでした。

ツガザクラはスズランの花に似て可愛いです。
私も以前登山をして見つけ、写してきたことを思い出しました。

コガネムシも種類が多いですね、セマダラコガネは、こちらではあまり見かけないですよ。
オンタデの花が好きなんですね、しがみついてますねー(笑)。

[C2833] こんにちは

イワショウブはユリ科なのですね。
以前見かけたものは、赤い花だったような・・・

アカモノは見たことはありましたが
名前は初めてでした。
そのままのネーミングなのですね(笑)
食べられるのですか?
  • 2010-08-11 18:08
  • xiao
  • URL
  • 編集

[C2834] Luna さん

植物はそれぞれに1mmぐらいの小さい花でも、
ちゃんと花を咲かせ実をむすんでるようです。
あまり小さい花は大変なので最近撮ってません(笑)
アカモノはご覧になりましたか。
標高の高い山にはあるようです。
ほんのりと甘く美味しかったですよ。
2,3粒摘まんでみました。後は鳥さんにと家内が云ってました。

[C2835] えったん さん

イワショウブ北海道では見かけませんか?
亜高山とあるので寒すぎる場所には無いのかもしれません。
花が白いうちは果実は緑でだんだん赤くなるようです。
アカモノはシラタマノキ属ですが、
シラタマノキと比べると別物です。
シラタマノキの果実はサロメチール臭くてとても食べられませんが、
アカモノは美味しいですよ。
セマダラコガネは、オンタデが何本もあったんですが、
ちゃんと一本に一匹は付いてました。
何だか面白い風景でしたよ。

[C2836] xiao さん

イワショウブは、最初から赤いのか咲き進むと赤くなるのか、
良くわかりませんが、昨年、会津駒で見たものは、
白かったように思います。
アカモノは、シラタマノキの果実が白いので、
こちらは、アカモノの名がという説もあります。
わかりやすくていい名前なのですが、
花は白いんですよ。甘くて美味しいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード