Entries

曙 草

曙草 アケボノソウ Swertia bimaculataリンドウ科センブリ属花は5弁で星型。花弁には紫色の点と、黄緑色の特徴的な丸い模様がつく。アケボノソウの名は、この模様を夜明けの星空に見立てた名前。...

姫小百合

姫小百合 ヒメサユリ Lilium rubellumはユリ科ユリ属 H30cm-50cm日本特産のユリで、自生種は飯豊連峰、吾妻山、守門岳、朝日連峰などにしか群生していない貴重な植物。よく似たユリに本州中部地方以西から四国、九州にはササユリが咲く。...

綿 菅

綿菅 ワタスゲ Eriophorum vaginatumカヤツリグサ科ワタスゲ属緑の湿原にワタスゲの白い綿毛が点々と広がっていた。オレンジのレンゲツツジとコバイケイソウも色どりを添え、美しい初夏の風景を見せてくれた。裏白瓔珞 ウラジロヨウラク Menziesia multiflora ツツジ科ヨウラクツツジ属 和名の由来は、花の様子が仏像が身につけている装身具に似ていること。毛氈苔 モウセンゴケ Drosera rotundifolia モウセンゴ科モウセンゴケ属...

岩団扇

岩団扇 イワウチワ S.uniflora var.orbicularisイワウメ科 イワウチワ属今年も里が桜で賑わった頃、山では岩団扇の可愛らしい花が咲いた。今年は、ちょっと開花が早かったようでかなり咲き進んでいた。...

翁 草

翁草 オキナグサ Pulsatilla cernua キンポウゲ科オキナグサ属 絶滅危惧Ⅱ類現在咲いてる花が終わると、白く長い綿毛がある果実ができ、それを老人にたとえ翁草の名がある。絶滅危惧植物で、開発や、盗掘により激減している自生地を訪れた。...

三 椏

三椏 ミツマタ Edgeworthia chrysanthaジンチョウゲ科ミツマタ属和紙の原料として用いられる三椏。春を告げるように一足先に、淡い黄色の花を一斉に開くので、サキサクと万葉歌人はよんだ。その群生地「妖精の森」を訪ねた。...

州浜草

州浜草 スハマソウ H.nobilis var.japonica f.variegataキンポウゲ科ミスミソウ属今年もまたスハマソウを見てきた。今年は、ちょっと遅かったがそれが幸いして、満開の花が見られた。これまではちょっと早すぎたようだ。こんなにたくさんの花が咲き揃ったのを見たのは初めてだった。...

室堂の花

稚児車 チングルマ Sieversia pentapetala (L.) Greeneバラ科チングルマ属高山の雪渓周辺の草地や砂礫地に生える。高さは10cm程度。花後、花柱は伸びて放射状に広がる。和名のチングルマは、この実の形が子供の風車に見えたことから稚児車から転じて付けられた。バラ科の落葉小低木なのでこの後紅葉もする。御山竜胆 オヤマリンドウ Gentiana makinoリンドウ科リンドウ属エゾリンドウに似るが少し小さい。茎の先端部に、複数の濃青...

駒 草

駒草 コマクサDicentra peregrina (Rudolph) Makinoケマンソウ科コマクサ属美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような、厳しい環境に生育する事から「高山植物の女王」と呼ばれている。和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。花期は7-8月。花茎は10-15 cmで淡紅色の花を咲かせる。花はすでに終盤をを迎えていた。ここ乗鞍岳では7月中が見頃のようだ。...

乗鞍の花

岩桔梗 イワギキョウ Campanula lasiocarpaキキョウ科ホタルブクロ属北海道~中部地方の高山の砂礫地や草地に群生するのが見られる。高さ10cmほど。葉は束生で細長く、1.5~3cm。花期は7~8月。草丈の割には大きな青紫色の花を横から上向きに咲かせる。今回、乗鞍の高山植物は終盤に近かったが、岩桔梗が其処此処に沢山咲いていた。千島桔梗 チシマギキョウ Campanula chamissonisキキョウ科ホタルブクロ属北海道~本州中部地方以...

深山片喰

深山片喰 ミヤマカタバミ Oxalis griffithiiカタバミ科カタバミ属まだ少しだけ雪が残る山にミヤマカタバミが咲いていた。標高の低い場所ですは3-4月ごろ開花するが、高山ほど開花が遅くなる。写真は標高1600mぐらいの場所で撮影した。舞鶴草 マイヅルソウ Maianthemum dilatatumスズラン亜科マイヅルソウ属マイヅルソウは何処の山に行っても見かける。小さな植物だが、花が開花する時期は標高によって違う。現在800mぐ...

立 春

日本水仙 ニホンスイセン Narcissus tazetta var. chinensis ヒガンバナ科スイセン属をくずれ水仙郷千葉県鋸南町大崩1403鋸南町保田の水仙は江戸時代の安政年間の頃から元名水仙として船で江戸に運ばれていた。現在も毎年、800万本の水仙が出荷されている。例年なら1月中旬が見頃の水仙だが、今年は、寒波の影響から開花が遅れ2月に入って、やっと満開を向かえ、春の光りのなかやさしい水仙の香が、辺りいちめんただよってい...

梅鉢草

梅鉢草 ウメバチソウ Parnassia palustrisユキノシタ科ウメバチソウ属梅鉢草は、咲き初めに雄しべの花糸が一本ずつ伸びて、一週間ぐらい花粉を出す。その後に雌しべの柱頭がおおきくなり、他の花の花粉を受粉する。じょうずに自家受粉を避けてるようだ。...

高原の秋

蝦夷竜胆 エゾリンドウ Gentiana triflora var. japonicaリンドウ科リンドウ属高原は、早秋で竜胆がたくさん咲いていた。蝦夷竜胆は日本原産で、北海道から本州近畿以北にかけて分布し、山地の湿地帯に普通に見られる竜胆。...

苔 桃

苔桃 コケモモ Vaccinium vitis-idaeaツツジ科スノキ属7月には、花が咲いていたコケモモだが、たくさんの実が真っ赤になっていた。耐寒性にすぐれ、-40℃以下でも耐えることができる一方、夏が暑い場所では生育しにくい。初夏に長さ約6mmの釣鐘型の白い花をつけ、果実は直径7mmほどで秋に赤く熟す。ひじょうに酸味が強いということでジャムやコンポート(砂糖煮)にすることが多いようだ。...

蓮 ハス Nelumbo nuciferaハス科ハス属今年は例年になく開花が遅れてるようだが、いくつかの花が咲き始まっていた。仏教では泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が、仏の智慧や慈悲の象徴とされている。この花を見てると信仰心の無い私でも何故か心が癒されるようだ。...

蔵王の花

舞鶴草 マイヅルソウ Maianthemum dilatatumユリ科マイヅルソウ属雪解け後のこの季節何処の山でも見かける花。蔵王の山にも森林限界より下にたくさん見かけられた。下の写真の褄取草と並んで咲いていた。...

駒 草

駒草 コマクサ Dicentra peregrinaケマンソウ科コマクサ属 昨年は震災、引越しで行けなかったが、一昨年引き続き今年もコマクサを撮りに蔵王連峰まで行ってきた。前回は訪れた時期がちょっと遅かったので、今回は梅雨の晴れ間を狙って出掛けてみた。生憎今年は、雪が多かったため見頃は7月に入ってからとのことだが、標高の低い場所は何とか咲き始まっていた。コマクサは、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような、厳しい環...

紅花一薬草

紅花一薬草 ベニバナイチヤクソウ Pyrola incarnata Fisch普通カラマツの林などに群生するのだが、山の上にもたくさん群生していた。まだちょっと早く蕾の状態だったがまもなく咲き始めるだろう。那須岳の花たち 最終回...

ツツジ科三種

裏白瓔珞 ウラジロヨウラク Menziesia multifloraツツジ科ヨウラクツツジ属 花期5-7月まだ蕾の状態だが咲いても先端がちょっと開くだけであまり変わらない。高さは1-2m。葉の裏が緑白色をしている。花は淡紅紫色。壷型をして下垂してつき、長さ11-14mm。和名の由来は、花の様子が仏像が身につけている装身具(瓔珞)に似ていること、葉の裏が白いことから付けられた。...

Appendix

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード