Entries

栗駒山

栗駒山 クリコマヤマ 標高1,626m山体が宮城県、秋田県、岩手県の三県にまたがる山で、山頂部は宮城県と岩手県の境界になっており、二百名山の一つです。登山コースは、紅葉も終わり登山者も少なく静かな山行でした。山腹の落葉樹。一か月前はさぞ綺麗だったことでしょう。遥かに望む鳥海山。冠雪してました。此方も冠雪。名峰月山。とても人気の可愛らしい笊森(ざるもり)避難小屋。今回は行きませんでしたが、次回はぜひ。この広大...

森のホテル

今回は、山小屋でなく森のホテルに泊まりました。食事も美味しかった。...

立 山

浄土山(2.831m)から望む雄山(3003m)。いちばん高い所に雄山神社社務所が見える。右下に見える建物は、一ノ越の一ノ越山荘。立山富山県立山町立山は、北アルプス北部の立山連峰に位置する山で、雄山(3,003 m)、大汝山(3,015 m)、富士ノ折立(2,999 m)の3つの峰の総称です。雄山のみを指して立山ということもあるが、厳密には立山連峰に立山と称する単独峰は存在しない。立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つ...

乗鞍岳

乗鞍岳 ノリクラダケ長野県松本市・岐阜県高山市北アルプス南部の剣ヶ峰3,026mを主峰とする山々の総称。朝日岳、摩利支天岳、富士見岳、屏風岳など23の山があり、広大な裾野が広がる。日本百名山選定されている。今回盆休みを利用して久しぶりの登山だったが天候に恵まれ快適な登山だった。日差しが強くかなり日焼けしたが、ダウンベストからシャツを脱ぎ、頂上付近はTシャツで歩いていたが汗をかくことは無かった。朝の雲海がと...

FROM 3,000m

残暑お見舞い申し上げます...

安達太良紅葉

安達太良山 1700m福島県福島市・二本松市・郡山市安達郡大玉村・耶麻郡猪苗代町福島県中央にある火山で日本百名山のひとつ。高村光太郎の智恵子抄のなかで、  阿多多羅山の山の上に  毎日出ている青い空が  智恵子のほんとうの空だといふ。で有名な安達太良山。紅葉はどうかと様子を見て来た。21日。関東は晴天だったようだが、安達太良は10時頃から昼まで雨。強風の最悪の天気だったが、紅葉の状態はとてもよく晴れていたら...

磐梯山

磐梯山 バンダイサン 1,816 m福島県猪苗代町、磐梯町、北塩原村猪苗代湖の北にそびえる活火山(成層火山)で、日本百名山の1つ。高僧徳一により慧日寺を中心とした仏教文化が、西麓に花開く前から山岳信仰の対象として崇められた霊峰。まだ、紅葉には少し早いがムシカリの実などが、真っ赤にいろ付いていた。生憎山頂は雲の中で何も見えなかったが、中腹の登山道から雲の中に桧原湖が望めた。...

大雪の花

大雪山の花たちちょっと時期的には遅くなってしまったが、まだまだ夏のお花畑がひろがっていた。まだ雪も残る風景の中チングルマたくさんの綿毛をみせていた。山頂付近には終日雲がかかっていたが、ときおり薄日も射しまずまずの天候で楽しめた。...

五十人山

五十人山 883.2m福島県双葉郡葛尾村裏磐梯の紅葉を見ようと高速を走ったが、三春辺りまで行くと雨がパラついて来た。朝、関東は快晴だったが前方に見える筈の磐梯山は雲の中。急遽行く先変更して葛尾村の五十人山へ向かった。五十人山という面白い名前の由来は、その昔坂上田村麿呂が蝦夷地平定の時に、山頂の大石に侍従五十人を座らせ戦略を練ったという。ほんとかな。現在の山頂にそんな大きな石は見当たらなかった。紅葉もちょ...

那須岳紅葉

那須岳(茶臼岳1897m)日光国立公園内栃木県那須町那須岳の紅葉。今年は、暑い夏の影響でちょっと遅かった。例年9月の最終日曜ぐらいが良いのだが、10月にずれ込んだ模様。ナナカマドやムシカリが赤く成らず葉が丸まっているのが多かった。全国的に晴天の予報だったが、9時頃には雲が出て来たが、Tシャツでも汗をかくほどの陽気にたくさんの登山客で賑わっていた。☆画像をクリックすると大きな画像で見られます。...

双子山

双子山 2223.8m 佐久市双子山は佐久市の最高地点で、大河原峠から簡単に登れる山。頂上は草原で高山植物が多い。今回は、蓼科山から天祥寺原を経て亀甲池、双子池を周り双子山を越えて歩いてきた。...

蓼科山

蓼科山 標高2530.3m蓼科山は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,530mの火山。日本百名山のひとつを登ってきた。今回のコースは、    大河原峠 - 将軍平 - 蓼科山2530.3m - 将軍平 -   天祥寺原 - 亀甲池 - 双子池 - 双子山2223m - 大河原峠ゴツゴツとした岩だらけの蓼科山と、北八ヶ岳の原生林に点在する小さな池を廻って来た。将軍平から蓼科山の登山コースは、七合目登山口から登ってきた人たちで、賑やかな登山風景だった。...

八島湿原

八島湿原 標高1630m~1797m1939年に国の天然記念物の指定を受ける。尾瀬ヶ原と並ぶ日本を代表する高層湿原。ミズゴケ類を主として、植物が腐らないで泥炭層として堆積、炭素による測定から、起源が1万2千年前と推定される。 ミズゴケの泥炭が約8mに達している。日本の高層湿原の南限として学術的に貴重。 鎌ヶ池と八島ヶ池、鬼ヶ泉水などの池があり、木道が整備されていて、湿原を一周できるビジターセンターあざみ館駐車場...

美ヶ原

美ヶ原 ウツクシガハラ 2034.34m美ヶ原は、八ヶ岳中信高原国定公園北西部にある。長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる高原。日本百名山の一つ。最高峰は、王ヶ頭2,034m。他に、王ヶ鼻2,008m、茶臼山2,006m、牛伏山1,990m、鹿伏山1,977m、武石峰1,973mといったピークがある。山頂付近は平坦な台地状の地形で、美ヶ原牧場と呼ばれる牛の放牧地となっている。* 画像をクリックすると大きな画像で見られます。...

田代山湿原

田代山湿原 1971m福島県南会津郡南会津町栃木県日光市と福島県会津町。県境に位置する田代山を登ってきた。ちょっと季節が過ぎてリュウキンカもすでに終わり、花は、竜胆の花が少し見られた。訪れる人もいないかと思ったが、10時頃到着した時上の駐車場が満車だった。湿原は4,50名の団体やら、水戸市上水戸のご夫婦。田島町から来た青年二人組と昼食をした。...

西吾妻山

西吾妻山 2035m福島県北塩原村、山形県米沢市、県境。盆休みを何処か簡単に登れるところへ行こうと西吾妻山へ出掛けた。ロープウエイとリフトを3機を乗り継いで1820mの北望台へ。往復料金二人で6400円はちょっと高いが致し方ない。反省として、リフトは遅いので帰りは歩いて降りても時間的に変わらない。最終16:00の時間も気にかけることも無くゆっくり楽しめるように思えた。今回のコースは、かもしか展望台(1940m)、梵天...

蔵王連峰

蔵王連峰宮城県と山形県の両県南部の県境に位置し、主峰は山形県側に位置する熊野岳1,841m。活火山であり、新噴気口や火口湖の御釜が見られる。今回、熊野岳1,841m、馬の背、五色岳1,672m、刈田岳1,758mなどを歩いてきた。御釜の水は無色透明。途中話した地元のヘルメットにザイルを持ち長靴姿で、毎週、蔵王を歩いてるという方は、ここで泳いだことがあるといっていた。...

日光男体山

男体山 2486m栃木県日光市北関東を代表する下野の霊峰とよばれる、男体山を登ってきた。古くは補陀落山(ふだらくさん)とよばれ、勝道上人が登頂後、二荒山とよばれたが、その後、現在の男体山と改名された。今年は、寒い春の影響かまだ、雪が残り、遅い春の山だった。写真は男体山から見た女峰山(2455m)...

仙人ヶ岳

仙人ヶ岳 662.9m栃木県・足利市この連休は1000mを越える山はまだ残雪が残り、植物も少ないので低山に登ることにした。新緑がとても美しく夏山の天気にTシャツ一枚で歩いてきた。低山ながらクサリ場もあり、メジャーな山でないので登山者も少なく楽しい山行ができた。アカヤシオ・トウゴクミツバツツジ・ヤマツツジ・コイワカガミ・イカリソウ・クワガタソウ・ネコノメソウ・ナルコユリ・チゴユリ・マムシグサ・ムラサキケマン...

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード