Entries

裏銀豹紋

裏銀豹紋 ウラギンヒョウモン Fabriciana adippeタテハチョウ科ファブリシアナ属 L27-36mm咲き始ったうす水色のマツムシソウに、たくさんのウラギンヒョウモンが来てました。真夏には姿を消す蝶ですが、高原ではもうたくさん見られました。...

蝶蜻蛉

蝶蜻蛉 チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa トンボ科チョウトンボ属和名は、チョウのようにひらひらと舞うように飛ぶことから名があります。 国内では、本州から九州にかけて分布し、国外では朝鮮半島、中国に分布します。 成虫は、蓮など浮葉植物の多い腐植栄養型の池沼で見られます。...

北狐

北狐 キタキツネ Vulpes vulpes schrencki イヌ科キツネ属今回の写真は森の中で生きる北狐です。キタキツネは、今回の旅でたくさん出会いました。美しい台地で逞しく生きてるんですね。...

鳴兎

鳴兎 ナキウサギ Ochotonidae Ochotonaナキウサギ科ナキウサギ属 L18cm-20cm先日UPした場所とは違う場所でやはり「こっこ」です。先日のこっこよりかなり小さいかと思われます。毛並みもそろってとても綺麗ですね。...

鳴 兎

鳴兎 ナキウサギ Ochotonidae Ochotonaナキウサギ科ナキウサギ属 L18cm-20cmナキウサギの「こっこ」に出会いました。今年生まれた仔のようです。北海道の方たちは愛情をこめてこっこと呼んでました。ナキウサギは標高の高い地域に棲息します。日本では、北海道の山岳、割れ目の多い岩場に棲息しています。...

日本猿

日本猿 ニホンザル Macaca fuscataオナガザル科マカク属厳冬の雪原にニホンザルがいました。外気は-10℃。凍える寒さです。ふかふかの冬毛に陽が射してきました。...

日本栗鼠

日本栗鼠 ニホンリス Sciurus lis リス科リス属 L22cm 尾17cm森の中にリスがいました。ちょっと離れた場所で見つけたので、リスに気付かれず自然な姿を撮らせてもらえました。エゾリスより小型で、よく似てますが手足が赤茶色。単独生活をするリスで群れを作ず冬眠はしません。クルミをたべてました。...

日本猪

日本猪(幼獣) ニホンイノシシ S. scrofa leucomystaxイノシシ科イノシシ属 L40cmイノシシの子供に出会いました。草刈の草を捨てたふかふかのベットに寝てました。とっても眠い所を起こされたようで寝ぼけてました。生後4ヵ月で縞瓜が消えるので、4月頃に生まれた幼体と思われます。...

北 狐

北狐 キタキツネ Vulpes vulpes schrencki イヌ科キツネ属今回の写真はは森の中で生きるちょっと若い北狐です。キタキツネは、今回の旅でたくさん出会いました。観光地の駐車場でおねだり狐もたくさんいました。人と野生動物のふれあい方が考えさせられました。今回で北海道シリーズ最終回になります。長い間、ご高覧いただきありがとうございました。...

蝦夷鳴兎

蝦夷鳴兎 エゾナキウサギ Ochotona hyperborea yesoensis ナキウサギ科ナキウサギ属 L10-20cm今回はまだ朝の暗い内からナキウサギを待った。5AM頃から頻繁に鳴き声がして、姿を見せてくれた。ぜんぜん鳴かずに姿を見せる子もいて、驚くこともあった。一年ぶりに出会ったナキウサギとても可愛らしい。 後ろから見ると足がウサギです。時々ジィーと遠くを見て動かなくなります。不思議そうに此方をジッとみてました。岩場にはたくさ...

桜 鱒

桜鱒 サクラマス Oncorhynchus masouサケ科タイヘイヨウサケ属 L30-70cmヤマメの降海型でサケ科の魚です。パーマークが消えスモルト(銀化)と呼ばれています。斜里川上流にある高さ約3.7mのさくらの滝で、毎年約3000匹のサクラマスの遡上を見ることができます。...

蝦夷緋熊

蝦夷緋熊 エゾヒグマ Ursus arctos lasiotus Grayクマ科クマ属 L2.5-3m日本に生息する陸棲哺乳類でも最大の種です。食性は雑食だが肉食の傾向が強くシカ、イノシシなど哺乳類、サケ、マスなど魚類を食べるが、この日は木の葉をムシャムシャ食べていました。道内のヒグマ生息数は約1万頭と推定されます。...

蝦夷鹿

蝦夷鹿 エゾシカ Cervus nippon yesoensisシカ科シカ属 L140-180cm早朝草原に出てみるとシカがいました。遅霜で少ないというエゾカンゾウの花をムシャムシャと食べてました。...

日本栗鼠

日本栗鼠 ニホンリス Sciurus lis リス科リス属 L22cm 尾17cm森の中にリスがいた。ちょっと離れた場所で見つけたので、リスに気付かれず自然な姿を撮らせてもらえました。エゾリスより小型で、よく似るが手足が赤茶色。単独生活をするリスで群れを作ず冬眠はしません。白いキノコを食べてました。...

日本鼬

日本鼬 ニホンイタチ Mustela itatsi イタチ科イタチ属可愛らしいイタチくんが突然カメラの前に。現在日本には、よく似ているチョウセンイタチ、人気のオコジョなど4種7亜種が生息します。...

ヤドカリ

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭2016.9.17-11.20現在開催されている国際芸術祭。KENPOKU ART 2016 を観て来ました。AKI INOMATA による作品は、3Dプリンターで出力した人口殻の上部に、世界各地の都市を彫刻し、やどかりに引っ越してもらうことによって、個人がさまざまな変化や差異に抗して、その連続性、統一性、不変性、独自性を保ち続け自己確立をしていることを表現してるようです。...

北 狐

北狐 キタキツネ Vulpes vulpes schrencki イヌ科キツネ属...

鳴兎

鳴兎 ナキウサギ Ochotonidae Ochotonaナキウサギ科ナキウサギ属 L18cm-20cmナキウサギは標高の高い地域に棲息します。日本では、北海道の山岳、割れ目の多い岩場に棲息しています。ナキウサギは草食であり、主に草やスゲ類などを食べ、冬は干し草を貯蔵し暮らしています。昼行性または薄暮性で、普段は岩の迷路で暮らし、時々岩の上に姿を見せてくれます。英名がJapanese Pikaであり、今話題のポケモンGO、ピカチュウのモデルかも...

お花畑のリス

蝦夷栗鼠 エゾリス Sciurus vulgaris orientis リス科リス属 L22cm-27cm今回の遠征の最大目的は、エゾエンゴサクの花畑を走り回るエゾリス。花の見頃が一週間ぐらいですし、毎年、雪の状況により開花時期が違うので、なかなか良い時期にであえませんが、今回は、ちょうど満開の時期に出会えました。...

日本栗鼠

日本栗鼠 ニホンリス Sciurus lis リス科リス属 L22cm 尾17cm単独生活をするリスで群れを作らない。冬眠はしない。昼行性で朝夕に活動的になる。エゾリスより小型でよく似るが手足が赤茶色。餌はほとんど樹木の種子で、オニグルミ、松の実、ドングリなど。九州や中国地方では見られなくなった。九州では絶滅した可能性もある。...

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード