Entries

大赤啄木鳥

大赤啄木鳥 オオアカゲラ Dendrocopos leucotosキツツキ科アカゲラ属 L28cm今回は、数少ないオオアカゲラの営巣に出会いました。雛がまだ小さいのか、巣穴から顔を見せてくれません。普通見かけるアカゲラが23.5cm。オオアカゲラは28cmとかなり大きい。胸から脇腹にかけての黒い軸班があり、腹部の赤色も胸の方まで赤く見えます。...

大瑠璃雌

大瑠璃雌 オオルリ Cyanoptila cyanomelanaヒタキ科オオルリ属 L16.5cmオオルリの雌に出会いました。今季オオルリの雄は、個体数が多くたくさん出会いましたが、雌には初めての出会いでした。...

三光鳥

三光鳥 サンコウチョウ Terpsiphone atrocaudataスズメ目カササギヒタキ科 L♂45cm ♀18cm今年も5月になり森に「ツキヒーホシホイホイ」の鳴き声が、たくさん聞かれるようになりました。オスは、体長の3倍ぐらいの長い尾羽をもっています。アイリングと嘴は明るい水色でとても幻想的な鳥です。...

雀 鷹

雀鷹 ツミ Accipiter gularisタカ科ハイタカ属 ♂27cm♀30cm一番小さい猛禽で、鳩と同じか小さいが、姿、行動はしっかりと猛禽です。虹彩が雄雌違っていて雌は黄色、雄は赤です。...

小瑠璃

小瑠璃 コルリ Luscinia cyaneヒタキ科ノゴマ属 L14cm夏鳥の幸せの青い鳥は、オオルリとコルリがいますが、オオルリはオオルリ属、コルリはノゴマ属と違う属です。日本では繁殖のため北海道、本州中部以北に飛来し、ササなどの下草が生い茂った落葉広葉樹林や混交林に生息します。...

ふくろう 雛

梟 フクロウ Strix uralensisフクロウ科フクロウ属 L50cmこの季節はそろそろ雛の巣立ちの季節。今年も元気な雛が巣穴から顔を見せました。はじめて見る外の世界を不思議そうに見てました。お母さんフクロウも見守ってまました。...

山椒食

山椒食 サンショウクイ Pericrocotus divaricatusサンショウクイ科サンショウクイ属 L20cm春に渡ってくる夏鳥で、日本、ロシア東部、朝鮮半島で繁殖し、冬は東南アジアへ南下し越冬します。和名は鳴き声が日本語では「ヒリリー」と聞こえ、山椒を食べた(山椒は小粒でもピリリと辛い)を連想させることによるらしい。...

桜黄鶲

黄鶲 キビタキ Ficedula narcissinaヒタキ科キビタキ属 L14cm惜しまれる関東の桜ですが、山桜がまだ少し見られます。このところたくさん見られるようになったキビタキ。残り少ない山桜に来てくれました。...

仙台虫喰

仙台虫喰 センダイムシクイ Phylloscopus coronatusウグイス科メボソムシクイ属 L12.5cmショウチュウイッパイグビィーと変わった鳴き声が聞こえた。センダイムシクイがさかんに鳴いている。まだ、低い所に降りて来ず大きな声だけが、早春の渓流に響いていました。...

駒 鳥

駒鳥 コマドリ Erithacus akahigeツグミ科コマドリ属 L14cm今年もまたコマドリがやって来ました。美しい声で囀ってました。日本近郊でしか見られない Japanese robin (英名) は、ヨーロッパのロビンとはまた違った美しさですね。外国人バーダー憧れの鳥です。...

黄 鶲

黄鶲 キビタキ Ficedula narcissinaヒタキ科キビタキ属 L14ようやく新芽が大きくなってきました。まだ、茶色の景色のなかに美しい黄色。春の使者、キビタキの黄色でした。...

大瑠璃

大瑠璃 オオルリ Cyanoptila cyanomelanaヒタキ科オオルリ属 L16cm今年も待ちかねたオオルリがやって来ました。日本三鳴鳥。美しい囀りが初夏の渓にこだましています。冬鳥が去って夏鳥到来良い季節です。...

紅猿子

紅猿子 ベニマシコ Uragus sibiricus アトリ科ベニマシコ属 L15cm冬の間良く見かけたベニマシコ。もうほとんど見なくなりました。今頃は北の地へ移動したことでしょうね。オオイヌノフグリとヒメオドリコソウのなかに降り新芽を食べてました。...

翡 翠

翡翠 カワセミ Alcedo atthisブッポウソウ目カワセミ科 L17cmカワセミも恋の季節。美しい川の流れを見ながら交尾しました。可愛らしい雛の誕生が待たれますね。...

相思鳥

相思鳥 ソウシチョウ Leiothrix luteaスズメ目チメドリ科 14cmこの頃は居場所も定まってきたようで、標高1000m前後の場所で見られるようになったきたが、冬季は平地に降りる個体もいるようです。日本には移入されたもので特定外来生物に指定されています。1931年頃から野生化したものが各地で見られます。...

緋連雀

緋連雀 ヒレンジャク Bombycilla japonicaレンジャク科レンジャク属 L18cm昨季、レンジャクの飛来数は極端に少く寂しい年でした。今季は飛来数が多いのではと期待されました。例年よりちょと遅い飛来になりましたが、姿を見ることが出来ました。...

菜花コミミ

小耳木菟 コミミズク Asio flammeusフクロウ科トラフズク属 L38.5cm今年はコミミがたくさん飛来しました。菜の花の咲く頃まで居てくれたらいいね。そんな野鳥ファンの夢が現実になりました。...

海 雀

ウミスズメ 海雀 Synthliboramphus antiquus ウミスズメ科ウミスズメ属 L25cm首が短く丸っこい体です。雌雄同色です。とっても潜水が上手で潜って魚を探してました。水深40mまで潜るそうです。...

虎 鶫

虎鶫 トラツグミ Zoothera daumaツグミ科トラツグミ属 L30cmツグミの仲間にはいろいろといるが、全身黄褐色で黒い鱗状の斑が密にあるツグミ。トラトラ模様からかトラツグミと呼ばれている。冬は暖かい地方へ移動して、枯葉の下の昆虫やミミズなどを食べている。...

鷽 ウソ Pyrrhula pyrrhulaアトリ科ウソ属 L15-16cm雪の林でウソが新芽を食べてました。寒いのか膨らんでました。...

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード