Entries

梟(雛)

梟(雛) フクロウ Strix uralensisフクロウ科フクロウ属 L50-62 cmフクロウの雛が巣立ったのですが落ちてしまったようです。母フクロウが近くでじっと見守ってました。まもなく親の誘導で森の奥に飛び去ると思われます。Ural owl...

小瑠璃

小瑠璃 コルリ Luscinia cyaneヒタキ科Luscinia属 L14cmオオルリと共に夏に日本に渡ってくるコルリに出会いました。オオルリよりちょっと標高の高い所で繁殖します。美しい新緑のなかを飛び回っていました。Siberian blue robin...

柄長団子

柄長団子 エナガ Aegithalos caudatusエナガ科エナガ属 14 cm3月頃から繁殖期に入り樹木の枝や幹の又に、苔を、クモの糸で丸くまとめた袋状の精巧な巣を作ります。約1ヶ月ほどで雛は巣立。雛同士で保温のため団子をつくります。親や、ヘルパーが次々と餌を運んで与えます。Long-tailed Tit...

鶍 イスカ Loxia curvirostraアトリ科イスカ属 L17-18.5cmヨーロッパや北アメリカに留鳥として広く分布します。日本には、少数が冬鳥として飛来します。雄は、赤く美しい色をしています。雌は、グレイに黄色がちょっと地味な色をしています。松の実も食べてました。Common Crossbill...

緋連雀

緋連雀 ヒレンジャク Bombycilla japonicaレンジャク科レンジャク属 L18cmヒレンジャクが良い場所に止まってくれました。黄連雀はヨーロッパからアジアに広く生息しますが、緋連雀は、シベリア東部で繁殖し、日本等狭い地域で越冬します。Japanese Waxwing...

大鷲

大鷲 オオワシ Haliaeetus pelagicusタカ科オジロワシ属 L88cm国の天然記念物にも指定され、独特の風格があります。24年連続飛来の涸沼のオオワシ。今季の飛来が心配されましたが、今年も元気な姿を見せてくれました。Steller's sea eagle...

大猿子

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseusアトリ科マシコ属 17cm雪の中で落ちた萩の実を探すオオマシコに出会いました。今年は、雪がすくないのですが、やはり真っ白な中のオオマシコは可愛いですね。Rosefinch...

雪頬白

雪頬白 ユキホオジロ Plectrophenax nivalisホオジロ科ユキホオジロ属 L16cm北アメリカの北極圏で繁殖し、冬季は中緯度まで南下し越冬します。日本では、冬に北海道、北部の日本海地域に少数が飛来します。土の中の昆虫などを食べてるため泥が嘴に付いてました。夏羽は茶色味が消え白くなるようです。Snow Bunting...

尾白鶲

尾白鶲 オジロビタキ Ficedula parvaヒタキ科キビタキ属 L12cm今年もオジロビタキが来てると聞いて会って来ました。どうやら亜種ニシオジロビタキのようです。尾羽を上げておきまりの可愛らしいポーズ。元気に日本の冬を過ごしていました。Red-breasted Flycatcher...

小耳木菟

小耳木菟 コミミズク Asio flammeusフクロウ科トラフズク属 L38.5cm2020年撮り初めはコミミズクにしました。早い時間から飛んでくれ素敵なお年玉となりました。大きな頭、真ん丸の黄色の目玉。可愛らしいですね。Short-eared Owl...

大猿子

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseusアトリ科マシコ属 17cm今期は、冬鳥の飛来がいずれも早く、例年、年を越えてから話題になるオオマシコが、もう、飛来しました。残念ながら真赤な雄は撮れませんでしたが、若雄と雌の小さな群れに遭遇することが出来ました。Rosefinch...

鶍 イスカ Loxia curvirostraアトリ科イスカ属 L17-18.5cm2017年に続きイスカが銚子に姿を見せました。松ボックリが好きなんですね。一生懸命食べてました。左右互い違いの嘴を上手に使ってました。Common Crossbill...

白化雀

白化雀 ハッカスズメ Passer montanusスズメ科スズメ属 L-14-15cm続日本紀には727年正月に白雀が、聖武天皇に献じられた記録が残ります。白いスズメは古くから吉兆とされています。たくさんのスズメの群に混じり元気に暮らしていました。...

麦播(雄)

麦播(雄) ムギマキ Ficedula mugimakiヒタキ科キビタキ属 13cm今年も麦を蒔く季節。秋いろのひかりのなかで、ムギマキに出会うことが出来ました。旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国各地を通過します。日本海側の島嶼では、比較的よく観察されます。Mugimaki Flycatcher...

瑠璃鶲(雛)

瑠璃鶲(雛) ルリビタキ Tarsiger cyanurusツグミ科Tarsiger属ルリの雛がまだお山で暮らしていました。もう、かの子模様もかなりとれてルリらしくなって来ました。Red-flanked bluetail...

野駒

野駒 ノゴマ Luscinia calliopeツグミ科Luscinia属 L15.5cm北海道などで繁殖を終えたノゴマが、南下しています。いっきに東南アジアへ渡るのではなく、日本列島をゆっくり栄養補給しながら旅してるようです。ズミの真赤な実を美味しそうに食べてました。Siberian rubythroat...

駒鳥(雛)

駒鳥(雛) コマドリ Luscinia akahigeヒタキ科コマドリ属 L13.5-14.5cmコマドリの雛に出会いました。他の夏鳥に比べて比較的遅い子育てです。8月後半のこの季節に雛が姿を見せます。頭から胸の鹿の子模様は他の雛と同じですが、尾羽は、成鳥と同じオレンジです。Japanese robin...

星鴉

星鴉 ホシガラス Nucifraga caryocatactesカラス科ホシガラス属 L32-37cmティアドロップの斑点が縞をなしているため、星空のようにみえます。スカンジナビアから北部ヨーロッパを経てシベリアから、東アジアに至る地域に分布し、北方の広大な冷帯針葉樹林を生息場所とします。日本では高山帯から亜高山帯に生息し、冬季はやや低地に降りてきます。Spotted Nutcracker...

駒鳥

駒鳥 コマドリErithacus akahigeツグミ科コマドリ属 L13.5-14.5cmちょっとお山に登るとコマドリが、元気に囀っていました。この子の元気な囀りも深山にコダマしていいですね。Japanese robin...

五色鳥

五色鳥 ゴシキドリ Megalaima oortiキツツキ目ゴシキドリ科かなり派手な鳥ですがゴシキドリが営巣してました。可愛らしい雛が巣穴から顔を出し、お母さんがたくさん餌を運んできます。Black-Browed Barbet...

Appendix

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード