Entries

鶚 ミサゴ Pandion haliaetusミサゴ科ミサゴ属 54–64cm魚を捕食することから「魚鷹」の異名があります。獲物を見つけると素早く翼を羽ばたかせて空中に静止するホバリング。急降下し、水面近くで脚を伸ばし両足で獲物を捕らえます。今回は、残念ながら魚を掴むことは出来ませんでした。...

菊戴

菊戴 キクイタダキ Regulus regulusキクイタダキ科キクイタダキ属 L10 cmキクイタダキが松の木に来てました。やはり針葉樹が好きなんですね。頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名されました。...

頭黒沢鵟

頭黒沢鵟 ズグロチュウヒ(大陸型) Circus spilonotusタカ科チュウヒ属頭が黒いチュウヒです。大陸で繁殖し大陸型とも呼ばれてます。同じ個体かわかりませんが、毎年飛来してます。...

野鶲

野鶲 ノビタキ Saxicola torquataツグミ科ノビタキ属 L13cmノビタキが秋草のなか元気でした。たくさん食べて南へ渡る準備中のようです。...

野駒

野駒 ノゴマ Luscinia calliopeツグミ科Luscinia属 L15.5cm現在、渡りの途中で各地を騒がせてるノゴマですが、今回は、水飲みに立ち寄りの彼に出会いました。北海道でもたくさん出会いましたが、日本的な水場のノゴマも良く似合いますね。...

眉茶鶇

眉茶鶇 マミチャジナイ Turdus obscurusツグミ科ツグミ属 L21.5cm夏に中華人民共和国やロシア東部で繁殖し、冬になると東南アジアへ南下し越冬します。日本では主に渡りの途中に飛来する旅鳥が、年によって多く見られることもあります。今期は、早くも姿を見せたので多いような予感がします。...

尉鶲

尉鶲 ジョウビタキ Phoenicurus auroreusツグミ科ジョウビタキ属 13.5-15.5 cm待っていた冬鳥のジョビコが飛来しました。春から何か月ぶりの再会でしょうか。可愛らしいですね。今期も来春までたくさん楽しませてください。...

黄金鳥

黄金鳥 オウゴンチョウ Euplectes aferスズメ目 ハタオリドリ科 L11cm西アフリカから東アフリカに自然分布する鳥ですが、国内では、1974年に神奈川で確認されたのを初め、茨城(笠間)、大阪、京都、兵庫、愛媛などで生息が確認されてます。愛玩用・観賞用に輸入された飼い鳥が逃げ出し野生化したと考えられます。...

藪 雨

藪雨 ヤブサメ Urosphena squameicepsウグイス科ヤブサメ属 L10.5cm「シシシ・・・」と藪の中で鳴いていた、ヤブサメが水浴に来ました。尾羽が短く可愛らしいですね。...

星 鴉

星鴉 ホシガラス Nucifraga caryocatactesカラス科ホシガラス属 L32-37cm二羽のホシガラスが見られました。雄雌同色なのでつがいかどかはわかりません。ハート状の白い斑点が縞をなしているため、星空のようにみえます。和名の「ホシ」ガラスはこれに由来します。スカンジナビアから北部ヨーロッパを経てシベリアから、東アジアに至る地域に分布し、北方の広大な冷帯針葉樹林を生息場所とします。日本では高山帯から亜高山帯に生息...

瑠璃鶲(雛)

瑠璃鶲(雛) ルリビタキ Tarsiger cyanurusヒタキ科Tarsiger属 L14cm日本では通常冬鳥ですが一部が高山や、北海道で夏に繁殖します。今回の雛は高山で出会いました。...

岩雲雀(成鳥)

岩雲雀 イワヒバリ Prunella collarisイワヒバリ科イワヒバリ属 L18cm高山帯、森林限界より標高の高い岩場に生息します。冬は高山を降り低山で越冬します。現在子育て中のようで忙しそうに飛び回ってました。苔桃 コケモモ Vaccinium vitis-idaeaツツジ科スノキ属北海道~本州の亜高山帯(1500m~2400m)に自生します。初夏に長さ約6mmの釣鐘型の白い花をつけ、果実は直径7mmほどで赤く熟してました。...

蕎麦野鶲

蕎麦野鶲 ノビタキ Saxicola torquataツグミ科ノビタキ属 L13cm高原も寒くなってきたのでノビタキが、里の蕎麦畑に降りてきました。此処で栄養を補給し暖かい国へ南下してゆきます。...

岩雲雀(雛)

岩雲雀(雛) イワヒバリ Prunella collarisイワヒバリ科イワヒバリ属尾羽がまだ短く嘴が肉色の雛。親が餌を運んで来るのを待ってるようでした。高山植物は終わってましたが、かろうじてコマクサが咲き残ってました。...

目細虫喰

目細虫喰 メボソムシクイ Phylloscopus xanthodryasムシクイ科ムシクイ属 L12-13cm夏に日本の山岳で繁殖し、冬は東南アジアで越冬します。北八ヶ岳の美しい森の中でたくさん鳴いてました。...

鷽 ウソ Pyrrhula pyrrhulaアトリ科ウソ属 15-16 cm麦草峠から八ヶ岳連峰天狗岳 (2,646m)に登って来ました。途中登山道ですれ違った方からオレンジ鳥は何?と聞かれました。オレンジ?コマドリはいないし?オレンジじゃなくピンクのウソだったんですね。ウソは冬鳥ですが、渡らずに高山で越夏する個体もいます。山は、もうウメバチソウも咲いてました。...

葦五位(雛)

葦五位(雛) ヨシゴイ Ixobrychus sinensisサギ科ヨシゴイ属 L31-38cm日本には夏季に繁殖のため飛来します。繁殖が成功し雛が見られました。雛は孵化後約15日で巣立つそうです。それにしても足がバカデカイ雛でした。...

蝦夷梟(雛)

蝦夷梟(雛) エゾフクロウ Strix uralensis japonica フクロウ科フクロウ属 L50-62 cm真っ白なエゾフクロウの雛が二羽いました。日本にはエゾフクロ、フクロウ、モミヤマフクロウ、キュウシュウフクロウの4亜種が分布し、北の亜種ほど体色が白っぽく、南の亜種ほど暗い色になります。...

野 鶲

野鶲 ノビタキ Saxicola torquataツグミ科ノビタキ属 L13cm八月後半の八島湿原は、もう秋の風情でした。広い湿原をぐるっと一周しましたが、確認されたノビタキは雌一羽だけでした。オミナエシノの黄色。ヤツデ果実に来てくれました。...

島仙入

島仙入 シマセンニュウ Locustella ochotensisセンニュウ科センニュウ属 L15.5cm繁殖のために北海道に飛来します。海岸部の草原や湿原、牧草地等に生息します。...

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード