Entries

五色鳥

五色鳥 ゴシキドリ Megalaima oortiキツツキ目ゴシキドリ科かなり派手な鳥ですがゴシキドリが営巣してました。可愛らしい雛が巣穴から顔を出し、お母さんがたくさん餌を運んできます。Black-Browed Barbet...

八色鳥

八色鳥 ヤイロチョウ Pitta nymphaヤイロチョウ科ヤイロチョウ属 L18cm今回は、台湾で念願のヤイロチョウに出会えました。夏季に台湾、日本、中国東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季に中国南部やボルネオ島へ南下し越冬します。絶滅危惧IB類 (EN)に指定され生息数は減少しています。Fairy pitta...

水雉

水雉 レンカク Hydrophasianus chirurgusレンカク科レンカク属 L55cmレンカクがペアでしょうか?田の緑の水草の上に遊んでいました。美しい鳥ですね。Pheasant-tailed jacana...

梟 フクロウ Strix uralensisフクロウ科フクロウ属今年も連休が過ぎ各地でフクロウの雛が巣立ち始めました。毎年のことですが、元気に育ってほしいですね。Ural owl近くで見守る親鳥です。...

駒 鳥

駒鳥 コマドリErithacus akahigeツグミ科コマドリ属 L13.5-14.5cm今年も各地で可愛らしいコマドリが賑わせてるようです。毎年撮ってる場所でない意外な場所で出会いました。美しい声も聞かせてくれました。Japanese robin...

大瑠璃飛来

大瑠璃 オオルリ Cyanoptila cyanomelanaヒタキ科オオルリ属 L16cm幸せの青い鳥。夏鳥のオオルリが渡って来ました。例年に比べとっても早い飛来です。ここ数日の真冬のような花冷えに驚いてるのではないでしょうか。...

八丈鶫

八丈鶫 ハチジョウツグミ Turdus naumanni Temminck夏季にシベリア北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国北部へ南下し越冬します。日本では冬季に越冬のため少数が飛来します。和名は八丈島で捕獲されたことに由来します。...

小耳木菟

小耳木菟 コミミズク Asio flammeusフクロウ科トラフズク属 L38.5cmこの季節辺りはまだ冬枯れの茶色ですが、緑の畑は麦畑。その緑を背景に飛んでくれました。春の訪れを告げる緑は目にやさしいですね。...

山 鳥

山鳥 ヤマドリ Syrmaticus soemmerringiiキジ科ヤマドリ属 L125cm万葉集にも登場する日本の固有種で外人バーダーには憧れの的です。その山鳥。縄張り意識が非常に強く、人に対する警戒心のない個体に出会いました。撮ろうにも近すぎてピンが来ないので追うのですが、遠くへ逃げません。美しい尾羽まで全身を撮ろうにも撮れず顔のみ画像ノートリミングです。しばらく追いかけっこ。遊んであげたのか?遊ばれたのか?楽しい時間でし...

大鷲

大鷲 オオワシ Haliaeetus pelagicusタカ科オジロワシ属 ♂88cm♀102cm当地涸沼に越冬のため飛来してるオオワシですが、毎日魚を獲って元気に暮らしています。漁の前には高い杉の天辺にとまり湖を見下ろしてるので、比較的姿を確認し易いのですが、漁の後には森の中に入ってゆっくり食べるためなかなか確認できません。今日は魚が大きく、湖の近くに一度止まった所に出会えとてもラッキーでした。...

紅猿子

紅猿子 ベニマシコ Uragus sibiricusアトリ科ベニマシコ属 L15 cmお決まりのセイタカアワダチソウの実を食べる、ベニマシコに出会いました。アワダチソウが大好きなベニは、これを食べてる姿が良く似合います。...

深山頬白

深山頬白 ミヤマホオジロ Emberiza elegansホオジロ科ホオジロ属 L16cm眉斑や喉の黄色が目立つミヤマに出会いました。今期は、やはり到着が遅いようです。和名のミヤマは山奥ではなく遠隔地を指すようです。...

瑠璃鶲

瑠璃鶲 ルリビタキ Tarsiger cyanurusスズメ目ヒタキ科 L14cmまだ若い雄ですがルリビタキが姿を見せました。夏の間は高山にいたのか、北の国いたのか?暖かい平野で冬を過ごします。...

灰色沢鵟

灰色沢鵟 ハイイロチュウヒ Circus cyaneusタカ科チュウヒ属 L40-50cmハイオス、今期初認しました。やはり白いハイチュウは美しいですね。...

黒鵐

黒鵐 クロジ Emberiza variabilisホオジロ科ホオジロ属 L16-17.5 cm渡りをするものと留鳥としてとどまるものもいます。今回はまだ成熟していない若い個体のようです。メスもいました。...

鶚 ミサゴ Pandion haliaetusミサゴ科ミサゴ属 54–64cm魚を捕食することから「魚鷹」の異名があります。獲物を見つけると素早く翼を羽ばたかせて空中に静止するホバリング。急降下し、水面近くで脚を伸ばし両足で獲物を捕らえます。今回は、残念ながら魚を掴むことは出来ませんでした。...

菊戴

菊戴 キクイタダキ Regulus regulusキクイタダキ科キクイタダキ属 L10 cmキクイタダキが松の木に来てました。やはり針葉樹が好きなんですね。頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名されました。...

頭黒沢鵟

頭黒沢鵟 ズグロチュウヒ(大陸型) Circus spilonotusタカ科チュウヒ属頭が黒いチュウヒです。大陸で繁殖し大陸型とも呼ばれてます。同じ個体かわかりませんが、毎年飛来してます。...

野鶲

野鶲 ノビタキ Saxicola torquataツグミ科ノビタキ属 L13cmノビタキが秋草のなか元気でした。たくさん食べて南へ渡る準備中のようです。...

野駒

野駒 ノゴマ Luscinia calliopeツグミ科Luscinia属 L15.5cm現在、渡りの途中で各地を騒がせてるノゴマですが、今回は、水飲みに立ち寄りの彼に出会いました。北海道でもたくさん出会いましたが、日本的な水場のノゴマも良く似合いますね。...

Appendix

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード