Entries

大鷲

大鷲 オオワシ Haliaeetus pelagicusタカ科オジロワシ属 L88cm-102cm今日もオオワシです。飛び出しを撮らせてもらえました。...

鶍 イスカ Loxia curvirostraアトリ科イスカ属 L18cm雪の中に真赤なイスガがたくさんの群れで飛来します。カラマツのマツボックリを食べてました。かけ違いの嘴で上手に実をだしてました。雌は色が違います。...

鷽 ウソ Pyrrhula pyrrhulaスズメ目アトリ科 L16cm桜の新芽を懸命に食べるウソに出会いました。今回は、何故か雌一羽だけ。近付いても逃げるでもなく、時々下の藪の方に飛び去って戻ってくる。考えてみると水を飲に行っているようでした。...

長元坊

長元坊 チョウゲンボウ Falco tinnunculusハヤブサ科ハヤブサ属 L30–35 cmチョウゲンボウが目の前でホバリング。懸命に獲物を探してました。顔だけはぜんぜん動かずとても上手ですね。...

緋連雀

緋連雀 ヒレンジャク Bombycilla japonicaスズメ目レンジャク科 L18cm今年は飛来が早いレンジャクですね。昨年からお山で見られましたが、年を越して平地に降りてきたようです。特徴は尖った冠羽、冠羽の縁まで至る黒い過眼線、歌舞伎役者のような美しい鳥です。...

オオワシ VS ミサゴ

大鷲 オオワシ Haliaeetus pelagicusタカ科オジロワシ属 L102cm今年も当地涸沼にオオワシが飛来してくれました。オオワシの狩りをミサゴが邪魔します。おかげでオオワシは魚を逃してしまいました。...

小耳木菟

小耳木菟 コミミズク Asio flammeusフクロウ科トラフズク属 L38.5cmコミミズクが遠い国から渡って来ました。暖かな関東の地で冬を過ごします。冬枯れの美しい草原を悠々と飛んでました。...

真鶸

真鶸 マヒワ Carduelis spinusアトリ科カワラヒワ属黄色い小鳥マヒワが、冬を過ごすため、日本列島に訪れています。何時も群れで行動してるマヒワたち、まだ、平地には降りてきてないようです。女の子はやさしい感じですね。...

星椋鳥

星椋鳥 ホシムクドリ Sturnus vulgaris ムクドリ科ムクドリ属 L21cmホシムクドリを撮ってきましたました。とても美しい金属光沢と白い星。50羽、100羽の群れの中で自分たちは特異さを認識してるのでしょうか、二羽揃って行動してることが多いようです。...

戴 勝

戴勝 ヤツガシラ Upupa epopsヤツガシラ科ヤツガシラ属 L28cm昨冬2月に飛来したヤツガシラですが、今冬は飛来が早く暮の内にに飛来しました。寒いからでしょうか?人気のヤツガシラ年末の忙しさも何処かに、たくさんのカメラマンで賑わってました。スマホ画像ですが、和気あいあいの撮影風景でした。...

赤嘴羽白

赤嘴羽白 アカハシハジロ Netta rufinaカモ科アカハシハジロ属 L50cm嘴が赤いカモは、日本ではあまり見かけません。ヨーロッパ西部や中国北西部で繁殖し、中近東、インド、北アフリカなどで越冬します。本来のルートから外れ今回迷鳥として飛来しました。クビワキンクロの雌と楽しそうに遊んでました。...

深山頬白

深山頬白 ミヤマホオジロ Emberiza elegansスズメ目ホオジロ科 L16cm 冬鳥今年は、比較的早くから各地で観察されています。ミヤマホオジロは、数羽の群で行動しています。ちょっと臆病な性格で警戒心が強い鳥です。雄は、眉班と喉が黄色でとても目立つ。雌は地味だか可愛らしいですね。...

緋・黄連雀

緋・黄連雀 ヒ・キレンジャク Bombycilla japonicaスズメ目レンジャク科 L18cm今年は鳥が多そうだと思っていましたが、早々にレンジャクが飛来してきました。特徴は尖った冠羽、冠羽の縁まで至る黒い過眼線、歌舞伎役者のような美しい鳥です。緋連雀、黄連雀も混じっての飛来です。...

大猿子

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseusアトリ科マシコ属 L17cm抜けるような青空にオオマシコが輝いてました。雄は、美しいワインレッドに白が眩しいですね。雌はちょっと地味ですが、つぶらな瞳が可愛らしいです。大好きなキハダの実を食べに来てました。キハダは、柑橘系でミカンのような味がします。...

梟 フクロウ Strix uralensisフクロウ科フクロウ属 L50cmケガをしてリハビリ中のフクロウに会ってきました。かなり元気なようで退屈そうに日向ぼっこしてました。トビが遊びに来てました。...

灰色沢鵟

灰色沢鵟 ハイイロチュウヒ Circus cyaneus タカ科チュウヒ属 L40-45cm繁殖地は北アメリカ大陸北部や、ユーラシア大陸北部。日本では越冬のために冬鳥として飛来します。雌は早くに飛来しますが、到着の遅い雄がやっと姿を見せ楽しませてくれました。...

瑠璃鶲

瑠璃鶲 ルリビタキ Tarsiger cyanurusヒタキ科ルリビタキ属 L14cm大部分のルリビタキはユーラシア大陸の高緯度地方に渡りますが、一部亜種ルリビタキは本州の亜高山でも繁殖します。早々に姿を見せたルリは、雌か若雄。よく似ています。...

蕎麦ノビ

野 鶲 ノビタキ Saxicola torquataツグミ科ノビタキ属 L13cm ちょっとUPがおそくなりましたが、ノビタキにも出会ってました。今年は、冷夏の影響かノビタキの渡りが、極端に遅く10月に入ってしまいました。美しかった蕎麦畑も花が終わってしまいました。あきらめていた蕎麦ノビですが、何とか出会うことが出来てました。...

麦播 雌

麦播雌 ムギマキ Ficedula mugimakiヒタキ科ムギマキ属 L13cmムギマキの雌は、他の雌と同様に、派手ではありませんがやさしい感じがします。若雄も似てるので難しいのですが、胸のオレンジが濃いようです。...

鶍 イスカ Loxia curvirostraアトリ科イスカ属 L18cmヨーロッパ、アジアの北部や北アメリカに広く分布します。日本には冬鳥として渡来しますが、年によって渡来数の変動があります。嘴は左右互い違いになっており、このくちばしを使って、マツや、モミなどの針葉樹の種子をついばんで食べます。今回も、マツボックリの中の種を食べてました。...

Appendix

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード