Latest Entries

小耳木菟




0101-komi6.jpg


小耳木菟 コミミズク Asio flammeus
フクロウ科トラフズク属 L38.5cm

2020年撮り初めはコミミズクにしました。
早い時間から飛んでくれ素敵なお年玉となりました。
大きな頭、真ん丸の黄色の目玉。可愛らしいですね。
Short-eared Owl


0101-komi7.jpg

0101-komi8.jpg

0101-komi9.jpg

0105-komimi1.jpg

0105-komimi4.jpg

0105-komimi6.jpg



大菱喰

1244-hisikui1.jpg

大菱喰 オオヒシクイ Anser fabalis middendorffii
カモ科マガン属 L90-100cm

天然記念物のオオヒシクイがカムチャツカ半島から飛来して、
5000羽以上のが、この地(福島潟)で冬を過ごします。
名の通りヒシクイL78-89cmと比べL90-100cmと大型です。
体型や頸部が長いく嘴は細長い形をしています。
Bean goose

1244-hisikui2.jpg

1244-hisikui3.jpg

1244-hisikui4.jpg

1244-hisikui5.jpg

1244-hisikui6.jpg

1244-hisikui7.jpg

1244-hisikui8.jpg

1244-hisikui9.jpg

1244-hisikui10.jpg

1244-hisikui11.jpg

1244-hisikui12.jpg





大猿子




1109-oomasiko1.jpg

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseus
アトリ科マシコ属 17cm

今期は、冬鳥の飛来がいずれも早く、
例年、年を越えてから話題になるオオマシコが、もう、飛来しました。
残念ながら真赤な雄は撮れませんでしたが、
若雄と雌の小さな群れに遭遇することが出来ました。
Rosefinch

1109-oomasiko2.jpg

1109-oomasiko3.jpg

1109-oomasiko4.jpg

1109-oomasiko5.jpg

1109-oomasiko6.jpg

1109-oomasiko7.jpg

1109-oomasiko8.jpg

1109-oomasiko9.jpg

1109-oomasiko10.jpg




1051-isuka1.jpg

鶍 イスカ Loxia curvirostra
アトリ科イスカ属 L17-18.5cm

2017年に続きイスカが銚子に姿を見せました。
松ボックリが好きなんですね。一生懸命食べてました。
左右互い違いの嘴を上手に使ってました。
Common Crossbill


1051-isuka2.jpg

1051-isuka3.jpg

1051-isuka4.jpg

1051-isuka5.jpg

1051-isuka6.jpg

1051-isuka9.jpg

1051-isuka7.jpg

1051-isuka10.jpg

1051-isuka8.jpg



白化雀




1042-suzume1.jpg


白化雀 ハッカスズメ Passer montanus
スズメ科スズメ属 L-14-15cm

続日本紀には727年正月に白雀が、
聖武天皇に献じられた記録が残ります。
白いスズメは古くから吉兆とされています。
たくさんのスズメの群に混じり元気に暮らしていました。


1042-suzume2.jpg

1042-suzume3.jpg

1042-suzume4.jpg

1042-suzume5.jpg

1042-suzume6.jpg

1042-suzume7.jpg

1042-suzume8.jpg

1042-suzume9.jpg

1042-suzume10.jpg



麦播(雄)




1033-mugiosu1.jpg



麦播(雄) ムギマキ Ficedula mugimaki
ヒタキ科キビタキ属 13cm

今年も麦を蒔く季節。
秋いろのひかりのなかで、ムギマキに出会うことが出来ました。
旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国各地を通過します。
日本海側の島嶼では、比較的よく観察されます。
Mugimaki Flycatcher


1033-mugiosu2.jpg

1033-mugiosu3.jpg

1033-mugiosu4.jpg

1033-mugiosu5.jpg

1033-mugiosu6.jpg

1033-mugiosu7.jpg

1033-mugiosu8.jpg

1033-mugiosu9.jpg

1033-mugiosu10.jpg



夜鷹




1025-yotaka1.jpg



夜鷹 ヨタカ Caprimulgus indicus
ヨタカ科ヨタカ属 29cm

夏鳥で繁殖のため日本に飛来します。
現在は秋の南下の途中かと思われます。
夜行性で、昼間は樹上で枝に対して平行に止まり休みます。
昨日は、ほとんど眠ってました。
Grey nightjar


1025-yotaka2.jpg

1025-yotaka3.jpg

1025-yotaka4.jpg

1025-yotaka5.jpg

1025-yotaka6.jpg

1025-yotaka7.jpg

1025-yotaka8.jpg



瑠璃鶲(雛)




1014-ruri1.jpg



瑠璃鶲(雛) ルリビタキ Tarsiger cyanurus
ツグミ科Tarsiger属

ルリの雛がまだお山で暮らしていました。
もう、かの子模様もかなりとれてルリらしくなって来ました。
Red-flanked bluetail


1014-ruri2.jpg

1014-ruri3.jpg

1014-ruri4.jpg

1014-ruri5.jpg

1014-ruri6.jpg

1014-ruri7.jpg

1014-ruri8.jpg

1014-ruri9.jpg

1014-ruri10.jpg



野駒




1008-nogoma1.jpg



野駒 ノゴマ Luscinia calliope
ツグミ科Luscinia属 L15.5cm

北海道などで繁殖を終えたノゴマが、南下しています。
いっきに東南アジアへ渡るのではなく、
日本列島をゆっくり栄養補給しながら旅してるようです。
ズミの真赤な実を美味しそうに食べてました。
Siberian rubythroat


1008-nogoma2.jpg

1008-nogoma3.jpg

1008-nogoma4.jpg

1008-nogoma5.jpg

1008-nogoma6.jpg

1008-nogoma7.jpg

1008-nogoma8.jpg

1008-nogoma9.jpg

1008-nogoma10.jpg



大瑠璃(若)




0929-ooruri1.jpg



大瑠璃(若) オオルリ Cyanoptila cyanomelana
ヒタキ科オオルリ属 L16 cm

オオルリ若も三度目の撮影になり、
何とか良い光の中で撮ることが出来ました。
半分青い。美しいですね。
Blue-and-White Flycatcher


0929-ooruri2.jpg

0929-ooruri3.jpg

0929-ooruri4.jpg

0929-ooruri5.jpg

0929-ooruri6.jpg

0929-ooruri7.jpg

0929-ooruri8.jpg

0930-ooruri1.jpg

0930-ooruri2.jpg



Appendix

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード