Latest Entries




0143-isuka1.jpg

鶍 イスカ Loxia curvirostra
アトリ科イスカ属 L17-18.5cm

ヨーロッパや北アメリカに留鳥として広く分布します。
日本には、少数が冬鳥として飛来します。雄は、赤く美しい色をしています。
雌は、グレイに黄色がちょっと地味な色をしています。
松の実も食べてました。
Common Crossbill

0143-isuka2.jpg

0143-isuka3.jpg

0144-isukamesu1.jpg

0144-isukamesu2.jpg

0144-isukamesu9.jpg

0145-isuka1.jpg

0145-isuka5.jpg

0145-isuka6.jpg

0145-isuka9.jpg



緋連雀




0151-renjya11.jpg


緋連雀 ヒレンジャク Bombycilla japonica
レンジャク科レンジャク属 L18cm

ヒレンジャクが良い場所に止まってくれました。
黄連雀はヨーロッパからアジアに広く生息しますが、
緋連雀は、シベリア東部で繁殖し、日本等狭い地域で越冬します。
Japanese Waxwing


0151-renjya2.jpg

0151-renjya3.jpg

0151-renjya4.jpg

0151-renjya5.jpg

0150-renjyaku1.jpg

0150-renjyaku2.jpg

0151-renjya10.jpg

0152-renjya3.jpg

0152-renjya1.jpg



大鷲




0147-oowasi11.jpg



大鷲 オオワシ Haliaeetus pelagicus
タカ科オジロワシ属 L88cm

国の天然記念物にも指定され、独特の風格があります。
24年連続飛来の涸沼のオオワシ。今季の飛来が心配されましたが、
今年も元気な姿を見せてくれました。
Steller's sea eagle

0147-oowasi1-2.jpg

0147-oowasi2.jpg

0147-oowasi3.jpg

0147-oowasi4.jpg

0147-oowasi5.jpg

0147-oowasi6.jpg

0147-oowasi7.jpg

0147-oowasi8.jpg

0147-oowasi9.jpg



小喉白虫喰




0146-nodosiro1.jpg

小喉白虫喰 コノドシロムシクイ Sylvia curruca
ズグロムシクイ科ズグロムシクイ属

日本に滞在中の迷鳥コノドシロムシクイですが、
咲き始めた寒紅梅にも良く似合ってました。
通常は、ヨーロッパ 、中央アジアで繁殖し、
サハラ砂漠 、 アラビア 、 アフリカ等で越冬するようです。
lesser whitethroat

0146-nodosiro3.jpg

0146-nodosiro5.jpg

0146-nodosiro8.jpg

0146-nodosiro7.jpg

0135-nodosiro1.jpg

0135-nodosiro2.jpg

0135-nodosiro3.jpg

0135-nodosiro5.jpg

0135-nodosiro10.jpg



大猿子




0136-oomasiko1.jpg

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseus
アトリ科マシコ属 17cm

雪の中で落ちた萩の実を探すオオマシコに出会いました。
今年は、雪がすくないのですが、
やはり真っ白な中のオオマシコは可愛いですね。
Rosefinch

0136-oomasiko2.jpg

0136-oomasiko3.jpg

0136-oomasiko4.jpg

0136-oomasiko5.jpg

0137-yukimasiko2.jpg

0137-yukimasiko3.jpg

0137-yukimasiko1.jpg

0137-yukimasiko4.jpg

0137-yukimasiko5.jpg



雪頬白




1242-yukiho1.jpg

雪頬白 ユキホオジロ Plectrophenax nivalis
ホオジロ科ユキホオジロ属 L16cm

北アメリカの北極圏で繁殖し、冬季は中緯度まで南下し越冬します。
日本では、冬に北海道、北部の日本海地域に少数が飛来します。
土の中の昆虫などを食べてるため泥が嘴に付いてました。
夏羽は茶色味が消え白くなるようです。
Snow Bunting

1242-yukiho2.jpg

1242-yukiho3.jpg

1242-yukiho5.jpg

1242-yukiho6.jpg

1243-yaki1.jpg

1243-yaki2.jpg

1243-yaki3.jpg

1243-yaki4.jpg

1243-yaki9.jpg



尾白鶲




0102-ojiro1.jpg

尾白鶲 オジロビタキ Ficedula parva
ヒタキ科キビタキ属 L12cm

今年もオジロビタキが来てると聞いて会って来ました。
どうやら亜種ニシオジロビタキのようです。
尾羽を上げておきまりの可愛らしいポーズ。
元気に日本の冬を過ごしていました。
Red-breasted Flycatcher

0102-ojiro2.jpg

0102-ojiro3.jpg

0102-ojiro4.jpg

0102-ojiro5.jpg

0102-ojiro6.jpg

0102-ojiro7.jpg

0102-ojiro9.jpg

0102-ojiro8.jpg

0103-ojiro8.jpg



小耳木菟




0101-komi6.jpg


小耳木菟 コミミズク Asio flammeus
フクロウ科トラフズク属 L38.5cm

2020年撮り初めはコミミズクにしました。
早い時間から飛んでくれ素敵なお年玉となりました。
大きな頭、真ん丸の黄色の目玉。可愛らしいですね。
Short-eared Owl


0101-komi7.jpg

0101-komi8.jpg

0101-komi9.jpg

0105-komimi1.jpg

0105-komimi4.jpg

0105-komimi6.jpg



大菱喰

1244-hisikui1.jpg

大菱喰 オオヒシクイ Anser fabalis middendorffii
カモ科マガン属 L90-100cm

天然記念物のオオヒシクイがカムチャツカ半島から飛来して、
5000羽以上のが、この地(福島潟)で冬を過ごします。
名の通りヒシクイL78-89cmと比べL90-100cmと大型です。
体型や頸部が長いく嘴は細長い形をしています。
Bean goose

1244-hisikui2.jpg

1244-hisikui3.jpg

1244-hisikui4.jpg

1244-hisikui5.jpg

1244-hisikui6.jpg

1244-hisikui7.jpg

1244-hisikui8.jpg

1244-hisikui9.jpg

1244-hisikui10.jpg

1244-hisikui11.jpg

1244-hisikui12.jpg





大猿子




1109-oomasiko1.jpg

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseus
アトリ科マシコ属 17cm

今期は、冬鳥の飛来がいずれも早く、
例年、年を越えてから話題になるオオマシコが、もう、飛来しました。
残念ながら真赤な雄は撮れませんでしたが、
若雄と雌の小さな群れに遭遇することが出来ました。
Rosefinch

1109-oomasiko2.jpg

1109-oomasiko3.jpg

1109-oomasiko4.jpg

1109-oomasiko5.jpg

1109-oomasiko6.jpg

1109-oomasiko7.jpg

1109-oomasiko8.jpg

1109-oomasiko9.jpg

1109-oomasiko10.jpg

Appendix

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード