Latest Entries

深山頬白




1142-miyaho1.jpg

深山頬白 ミヤマホオジロ Emberiza elegans
ホオジロ科ホオジロ属 L16cm

眉斑や喉の黄色が目立つミヤマに出会いました。
今期は、やはり到着が遅いようです。
和名のミヤマは山奥ではなく遠隔地を指すようです。


1142-miyaho2.jpg

1142-miyaho3.jpg

1142-miyaho4.jpg

1142-miyaho5.jpg

1142-miyaho6.jpg

1142-miyaho7.jpg

1142-miyaho8.jpg

1142-miyaho9.jpg

1142-miyaho10.jpg



瑠璃鶲




1130-ruri1.jpg

瑠璃鶲 ルリビタキ Tarsiger cyanurus
スズメ目ヒタキ科 L14cm

まだ若い雄ですがルリビタキが姿を見せました。
夏の間は高山にいたのか、北の国いたのか?
暖かい平野で冬を過ごします。


1130-ruri2.jpg

1130-ruri3.jpg

1130-ruri4.jpg

1130-ruri5.jpg

1130-ruri6.jpg

1130-ruri7.jpg

1130-ruri8.jpg

1130-ruri9.jpg

1130-ruri10.jpg



灰色沢鵟




1116-haityu1.jpg

灰色沢鵟 ハイイロチュウヒ Circus cyaneus
タカ科チュウヒ属 L40-50cm

ハイオス、今期初認しました。
やはり白いハイチュウは美しいですね。


1116-haityu2.jpg

1116-haityu3.jpg

1116-haityu4.jpg

1116-haityu5.jpg

1116-haityu6.jpg

1116-haityu7.jpg

1116-haityu8.jpg

1116-haityu9.jpg

1116-haityu10.jpg



黒鵐




1101-kuroji1.jpg

黒鵐 クロジ Emberiza variabilis
ホオジロ科ホオジロ属 L16-17.5 cm

渡りをするものと留鳥としてとどまるものもいます。
今回はまだ成熟していない若い個体のようです。


1101-kuroji2.jpg

1101-kuroji3.jpg

1101-kuroji4.jpg

1101-kuroji5.jpg

1101-kuroji6.jpg

1101-kuroji7.jpg

1101-kuroji8.jpg

メスもいました。
1101-kuroji9.jpg

1101-kuroji10.jpg






1103-misago1.jpg

鶚 ミサゴ Pandion haliaetus
ミサゴ科ミサゴ属 54–64cm

魚を捕食することから「魚鷹」の異名があります。
獲物を見つけると素早く翼を羽ばたかせて空中に静止するホバリング。
急降下し、水面近くで脚を伸ばし両足で獲物を捕らえます。
今回は、残念ながら魚を掴むことは出来ませんでした。


1103-misago2.jpg

1103-misago3.jpg

1103-misago4.jpg


1103-misago5.jpg

1103-misago6.jpg

1103-misago7.jpg



菊戴




1022-kiku1.jpg

菊戴 キクイタダキ Regulus regulus
キクイタダキ科キクイタダキ属 L10 cm

キクイタダキが松の木に来てました。
やはり針葉樹が好きなんですね。
頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名されました。


1022-kiku2.jpg

1022-kiku3.jpg

1022-kiku4.jpg

1022-kiku5.jpg

1022-kiku6.jpg

1022-kiku7.jpg

1022-kiku8.jpg



頭黒沢鵟




1036-zuguro1.jpg

頭黒沢鵟 ズグロチュウヒ(大陸型) Circus spilonotus
タカ科チュウヒ属

頭が黒いチュウヒです。大陸で繁殖し大陸型とも呼ばれてます。
同じ個体かわかりませんが、毎年飛来してます。


1036-zuguro2.jpg

1036-zuguro3.jpg

1036-zuguro4.jpg

1036-zuguro5.jpg

1036-zuguro6.jpg

1036-zuguro8.jpg

1032-zuguro10.jpg

1036-zuguro10.jpg



野鶲




1023-jyobi1.jpg


野鶲 ノビタキ Saxicola torquata
ツグミ科ノビタキ属 L13cm

ノビタキが秋草のなか元気でした。
たくさん食べて南へ渡る準備中のようです。


1023-jyobi2.jpg

1023-jyobi3.jpg


1023-jyobi4.jpg

1023-jyobi5.jpg

1023-jyobi6.jpg

1023-jyobi7.jpg

1023-jyobi8.jpg

1023-jyobi9.jpg

1023-jyobi10.jpg




野駒




1015-nogoma1.jpg

野駒 ノゴマ Luscinia calliope
ツグミ科Luscinia属 L15.5cm

現在、渡りの途中で各地を騒がせてるノゴマですが、
今回は、水飲みに立ち寄りの彼に出会いました。
北海道でもたくさん出会いましたが、
日本的な水場のノゴマも良く似合いますね。

1015-nogoma2.jpg

1015-nogoma3.jpg

1015-nogoma4.jpg

1015-nogoma5.jpg

1015-nogoma6.jpg

1015-nogoma7.jpg

1015-nogoma8.jpg

1015-nogoma9.jpg

1015-nogoma10.jpg



眉茶鶇




1013-mami1.jpg

眉茶鶇 マミチャジナイ Turdus obscurus
ツグミ科ツグミ属 L21.5cm

夏に中華人民共和国やロシア東部で繁殖し、冬になると東南アジアへ南下し越冬します。
日本では主に渡りの途中に飛来する旅鳥が、年によって多く見られることもあります。
今期は、早くも姿を見せたので多いような予感がします。


1013-mami2.jpg

1013-mami3.jpg

1013-mami4.jpg

1013-mami5.jpg

1013-mami6.jpg

1013-mami7.jpg

1013-mami8.jpg

1013-mami9.jpg

1013-mami10.jpg



Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード