Latest Entries

梟(雛)

0512-fuku9.jpg




梟(雛) フクロウ Strix uralensis
フクロウ科フクロウ属 L50-62 cm

フクロウの雛が巣立ったのですが落ちてしまったようです。
母フクロウが近くでじっと見守ってました。
まもなく親の誘導で森の奥に飛び去ると思われます。
Ural owl

0512-fuku1.jpg

0512-fuku3.jpg

0512-fuku4.jpg

0512-fuku5.jpg

0512-fuku6.jpg

0512-fuku7.jpg

0512-fuku8.jpg



小瑠璃




0524-koruri1.jpg

小瑠璃 コルリ Luscinia cyane
ヒタキ科Luscinia属 L14cm

オオルリと共に夏に日本に渡ってくるコルリに出会いました。
オオルリよりちょっと標高の高い所で繁殖します。
美しい新緑のなかを飛び回っていました。
Siberian blue robin

0524-koruri2.jpg

0524-koruri3.jpg

0524-koruri4.jpg

0524-koruri5.jpg

0524-koruri6.jpg

0524-koruri7.jpg

0524-koruri8.jpg

0524-koruri9.jpg



柄長団子




0435-enaga1.jpg

柄長団子 エナガ Aegithalos caudatus
エナガ科エナガ属 14 cm

3月頃から繁殖期に入り樹木の枝や幹の又に、
苔を、クモの糸で丸くまとめた袋状の精巧な巣を作ります。
約1ヶ月ほどで雛は巣立。雛同士で保温のため団子をつくります。
親や、ヘルパーが次々と餌を運んで与えます。
Long-tailed Tit

0435-enaga2.jpg

0435-enaga3.jpg

0435-enaga4.jpg

0435-enaga5.jpg

0435-enaga6.jpg

0435-enaga7.jpg

0435-enaga8.jpg

0435-enaga9.jpg

0435-enaga10.jpg






0143-isuka1.jpg

鶍 イスカ Loxia curvirostra
アトリ科イスカ属 L17-18.5cm

ヨーロッパや北アメリカに留鳥として広く分布します。
日本には、少数が冬鳥として飛来します。雄は、赤く美しい色をしています。
雌は、グレイに黄色がちょっと地味な色をしています。
松の実も食べてました。
Common Crossbill

0143-isuka2.jpg

0143-isuka3.jpg

0144-isukamesu1.jpg

0144-isukamesu2.jpg

0144-isukamesu9.jpg

0145-isuka1.jpg

0145-isuka5.jpg

0145-isuka6.jpg

0145-isuka9.jpg



緋連雀




0151-renjya11.jpg


緋連雀 ヒレンジャク Bombycilla japonica
レンジャク科レンジャク属 L18cm

ヒレンジャクが良い場所に止まってくれました。
黄連雀はヨーロッパからアジアに広く生息しますが、
緋連雀は、シベリア東部で繁殖し、日本等狭い地域で越冬します。
Japanese Waxwing


0151-renjya2.jpg

0151-renjya3.jpg

0151-renjya4.jpg

0151-renjya5.jpg

0150-renjyaku1.jpg

0150-renjyaku2.jpg

0151-renjya10.jpg

0152-renjya3.jpg

0152-renjya1.jpg



大鷲




0147-oowasi11.jpg



大鷲 オオワシ Haliaeetus pelagicus
タカ科オジロワシ属 L88cm

国の天然記念物にも指定され、独特の風格があります。
24年連続飛来の涸沼のオオワシ。今季の飛来が心配されましたが、
今年も元気な姿を見せてくれました。
Steller's sea eagle

0147-oowasi1-2.jpg

0147-oowasi2.jpg

0147-oowasi3.jpg

0147-oowasi4.jpg

0147-oowasi5.jpg

0147-oowasi6.jpg

0147-oowasi7.jpg

0147-oowasi8.jpg

0147-oowasi9.jpg



小喉白虫喰




0146-nodosiro1.jpg

小喉白虫喰 コノドシロムシクイ Sylvia curruca
ズグロムシクイ科ズグロムシクイ属

日本に滞在中の迷鳥コノドシロムシクイですが、
咲き始めた寒紅梅にも良く似合ってました。
通常は、ヨーロッパ 、中央アジアで繁殖し、
サハラ砂漠 、 アラビア 、 アフリカ等で越冬するようです。
lesser whitethroat

0146-nodosiro3.jpg

0146-nodosiro5.jpg

0146-nodosiro8.jpg

0146-nodosiro7.jpg

0135-nodosiro1.jpg

0135-nodosiro2.jpg

0135-nodosiro3.jpg

0135-nodosiro5.jpg

0135-nodosiro10.jpg



大猿子




0136-oomasiko1.jpg

大猿子 オオマシコ Carpodacus roseus
アトリ科マシコ属 17cm

雪の中で落ちた萩の実を探すオオマシコに出会いました。
今年は、雪がすくないのですが、
やはり真っ白な中のオオマシコは可愛いですね。
Rosefinch

0136-oomasiko2.jpg

0136-oomasiko3.jpg

0136-oomasiko4.jpg

0136-oomasiko5.jpg

0137-yukimasiko2.jpg

0137-yukimasiko3.jpg

0137-yukimasiko1.jpg

0137-yukimasiko4.jpg

0137-yukimasiko5.jpg



雪頬白




1242-yukiho1.jpg

雪頬白 ユキホオジロ Plectrophenax nivalis
ホオジロ科ユキホオジロ属 L16cm

北アメリカの北極圏で繁殖し、冬季は中緯度まで南下し越冬します。
日本では、冬に北海道、北部の日本海地域に少数が飛来します。
土の中の昆虫などを食べてるため泥が嘴に付いてました。
夏羽は茶色味が消え白くなるようです。
Snow Bunting

1242-yukiho2.jpg

1242-yukiho3.jpg

1242-yukiho5.jpg

1242-yukiho6.jpg

1243-yaki1.jpg

1243-yaki2.jpg

1243-yaki3.jpg

1243-yaki4.jpg

1243-yaki9.jpg



尾白鶲




0102-ojiro1.jpg

尾白鶲 オジロビタキ Ficedula parva
ヒタキ科キビタキ属 L12cm

今年もオジロビタキが来てると聞いて会って来ました。
どうやら亜種ニシオジロビタキのようです。
尾羽を上げておきまりの可愛らしいポーズ。
元気に日本の冬を過ごしていました。
Red-breasted Flycatcher

0102-ojiro2.jpg

0102-ojiro3.jpg

0102-ojiro4.jpg

0102-ojiro5.jpg

0102-ojiro6.jpg

0102-ojiro7.jpg

0102-ojiro9.jpg

0102-ojiro8.jpg

0103-ojiro8.jpg



Appendix

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

和 さん

Author:和 さん
野鳥、四季の山野草をメインにUPしてます。
お願いがあります。画像は一切持ち出さないで下さい。

カテゴリ

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード